構ってちゃん

 

 160階層攻略に使用した呪寄装備はゼノ工房にもう売ってるよと神の眼に宣伝して少し時間を置いた後、努たちPTはギルドへと帰還した。


「翌日の朝刊が楽しみでならないね!」
「ありゃ、もっと歓迎されるもんだと思ってたけど」


 そんな宣伝のおかげかギルドには中堅探索者たちがごっそりと減っていて、初心者から初級者辺りの探索者たちが有名どころのゼノやソニアを見て目を輝かせていた。その他に残っていたのは最前線組である紅魔団に、シルバービーストとアルドレットクロウの上位軍。

 ただギルドにガルムとリーレイアがいないことに努は首を傾げつつも、空いている受付へと向かう。そして口に挟んだ紙を提出してステータスカードの更新とPT解除を済ませると、様子を窺っていた最前線組の中からぴょこんとロレーナが出てきた。


「突破おめです! それで、あのーーー。私たちにも刻印装備とかって」
「事前に通告してた通り、僕から売る気はないよ」
「ですよねーーー」


 予定調和な彼女の撃沈を見て、アルドレットクロウの上位軍は努に言葉をかけようとせずにそっと離れていく。そんな中で一人だけ残った精霊術士の女性を横目に、ロレーナは途端に手揉みしながら努に擦り寄っていった。


「で、シルバービーストには裏で売ってくれたりして? へへ。ほら、ソニアだって着てるんだし?」
「引き続き自前の職人たち育てて作ってもらいなよ。僕もそんな刻印したいわけじゃないし」
「……でもさ? ぶっちゃけ刻印ちょちょいってしたらめっちゃ稼げるでしょ? 特に大手クラン相手ならさ」
「その大手クランに深淵階層の刻印装備売り捌いた売上だけでゼノへの借金はもう返したし、中堅に売るだけでも利益は出てるからね。それに呪寄装備は何日かおきに刻み直さなきゃいけないから、しばらくは中堅へのアフターサービスだけで手一杯だよ」
「……そんなこと言わずにさ、私たちにも売ってよ。お願い」


 突然人の目も憚らず縋るように袖を掴んでお願いしてきたロレーナに、努は服にトンボでも止まったかのように身体を強張らせた。その背後にいたソニアも彼女の行動を意外に思ってはいたようだが、気持ち自体はわかったのかその姿を見ないように視線を落とす。

 シルバービーストは最前線組の一つとはいえ、ウルフォディアに勝てる見込みのある人材は走るヒーラーとして名高いロレーナ一人だけだ。次点で呪術師のマデリンは可能性こそあるが突破には至っておらず、代表的なアタッカーだったミシルは年齢による身体の衰えが垣間見えるようになってしまった。

 シルバービースト単体PTでの160階層突破は恐らく不可能だ。だが努の作った呪寄装備さえあれば160階層突破も可能だろう。それに刻印装備があれば引退をほのめかしているミシルの考えも変わるかもしれない。


「わざわざ頭を下げさせた手前悪いけど、そのお願いはシルバービーストお抱えの職人たちにするのが先じゃない? いつまでちんたらレベル上げしてるんだってさ」
「でもっ……! 同盟組んでるんだしこれくらいっ……!」
「同盟を組んでいるからこそ刻印士の重要性はシルバービーストに先んじて伝えてたし、育成も勧めてたよ。それでも職人たちにはそこそこの育成ペースで済ませてたのに、ここに来て僕に装備まで求めるのはお門違いじゃない?」


 そんな彼女の感情的な問いかけに、努は突き放すような論を返すだけだった。

 刻印装備におけるレベルの重要性はもうほとんどの者たちが理解しているはずだ。それなのに探索者は未だに職人の技術やプライドを気遣い、さしたる要求をしていない。そして職人たちもそれに甘んじて需要に沿わない作品を作り続けている。

 そんなに職人たちとぬるま湯に浸かっていたいならずっとそのままでいればいい。もう既に茹で上がる一歩手前といったところだが、努はその火を緩めはしない。むしろ出られない奴らはそのまま出汁になればいいとすら思っている。

 クランお抱えの工房内で刻印士を育成し環境に合わせた刻印装備を作成できることが、これからの最前線組の最低条件となる。だからこそ他のクランよりは着手が早かったシルバービーストがもう少し職人たちの尻を叩けば、刻印装備の調達に苦労する他の最前線組より有利な状態で事を運べるだろう。


「でもさ、ユニスにはおしえてっ……おしえっ」


 ユニスには教えてたくせにーーー!! ロレーナはそう茶化して兎耳で突いてやろうとしたものの、喉から出かかった言葉への抵抗感に口が回らない。顔もおぼろげな親に対して何かを気遣って口ごもってしまった微かな記憶。まともな黒い兎耳を持つ妹との間で確かにあった待遇の差。

 そんな経験が不意に心へ流れてきてしまった彼女は、突撃しようと頭を下げた態勢のまま動きが止まってしまった。

 自分には回復スキルの検証しかしてくれなかったのに、ステファニーとユニスにはヒーラーを教えてたくせに。90階層で何もかもが上手くいかなかった時、声もかけてくれなかったくせに。弟子二人が争っている尻拭いを押し付ける割には、一番弟子みたいな扱いをしてくれないくせに。だから少しくらい、特別扱いしてくれたっていいのに。

 そんな既視感の入り混じった待遇の差をこの場で吐き出したくなりはしたが、それが出来るほど無邪気な歳でもない。あの160階層を突破したせっかくの祝勝ムードをぶち壊したくはないし、ツトムの突き放すような言動の理由も多少は理解しているつもりだ。

 刻印装備が有用なのは何もウルフォディアだけじゃない。これから先にある階層でも必須になることは明らかなため、自前で用意できなければ延々と足元を見られる取引を強いられる。なので一旦最前線から落ちることになってでも、その土壌を育てなければならない。それは確かに正論だ。


「これから先、用無しになっても知りませんからねーーだ!!」


 だからこそ生意気な捨て台詞を吐いて涙の溜まった目を見せないように、尚且つ零れないように走り去るのが精一杯だった。そんなロレーナが冗談みたいな速さでギルドから走り去っていったのを、努は少し唖然としながら見送った。

 そんなやりとりを見ていたアーミラはやれやれといった顔で努の肩に腕を乗せた。


「随分と弟子泣かせな野郎だなぁ? おい」
「まぁ、あの様子じゃツトムさんのせいだけってわけじゃなさそうだし、そんな気にしないで」


 ロレーナについて理解のあるソニアからのフォローに、努は申し訳なさそうに笑みを浮かべた。


「……悪いけど、これから先も刻印漬けの毎日なんて僕はごめんだからね」
「そのためなら弟子を泣かすのも構わねぇってか。あの狐娘も裏ではひぃひぃ泣かせてんのか」
「やかましい」


 拳で軽く横腹をぐりぐりしてくるアーミラをいなしていると、横のソニアがちょいちょいと努の袖を引いた後にギルドの入り口を指差す。


「……本当に、やかましいな」


 ギルドの入り口から盗み聞きでもするように半分見えている白い兎耳を目にした努は、心底呆れたようにため息をつく。ソニアは言外にフォローよろしくと大きく手を伸ばして努の肩をぽんぽんと叩いた。

 努たちがそんなやりとりをしている最中、事の終わりを待っていた紅魔団にも動きがあった。


「ねぇ。もう私まで行かなくていいわよね?」


 今度は本気で撃沈したであろうロレーナの残った兎耳を一瞥したアルマは、紅魔団のメンバーに振り返りながらおどけるように帽子のつばをつまんだ。

 ヴァイスが神のダンジョン以前から付き合いのある工房との繋がりが深い紅魔団。先祖代々受け継いできた鍛冶一本で生計を立ててきたドワーフたちは、その洗練された仕事に違わぬ誇りも持ち合わせている。

 そんな作品に後から誰とも知れぬ者が刻印を入れることを彼らは嫌うし、かといってまだ道半ばである鍛冶の技術を放ってまで刻印士のレベルを上げることもしない。だがその矜持に見合うだけの仕事をしてきたことを、ヴァイスは良く知っている。

 だからこそ刻印装備を手に入れるためには努に対して交渉する他ないと思っていたし、それはアルマが担当する予定だった。


「……俺がドワーフたちに話を通す」


 しかし弟子であるロレーナにまで毅然とした態度を貫いた努は、ドワーフと同等の頑固さを持っているだろう。それならば痛みを伴ったとしても工房に話をつける方がまだ分はある。そんなヴァイスの宣言を応援するようにアルマは彼の尻を叩いた。


「今頃ゼノ工房はてんてこ舞いだろうから、皆の力を少し借りたい。あぁ、ツトム君は今回の功労者だからね! 先に帰っていてくれたまえ!」
「よろしくお願いしまーす」
「……はぁ」


 そして努はゼノとソニアに生暖かい目で見送られながら、主張の激しい兎耳を渋々といった顔で追いかけた。するとギルドの入り口前でロレーナは驚かすように飛び出してきた。


「わっ!!」
「何やってんだよ」
「……実は怒ってあのまま帰っちゃってたんじゃないか、ドッキリですよ! 騙されちゃいましたー?」
「目、うるうるで言われてもね」
「……は? 違うし。とにかく!! 詳しくはうちで話します」
「……あぁ、こっちのクランハウスなのね」
「そりゃそうでしょ!! はやく! 聞こえないところで!」


 ソニアや他の面々がいるせいかロレーナは強がるように言いながら、ずんずんと無限の輪のクランハウスがある方向へと歩いていく。

 それが一段落ついたであろうことを見計らい、紅魔団やシルバービーストの面々もギルドを去っていった。


「隙間が……話す隙間がない……」


 そんな中フェンリルに騎乗できる精霊術士として名高い女性は、以前もこんな結果で終わったと肩を落とした。

 コメント
  • 匿名 より: 2023/01/06(金) 11:44 AM

    ここは空行さしこむのに全角スペース使わないといけないからね
     
    仕様しらないと読みやすい長文はつくれないんだよなあ

  • 匿名 より: 2023/01/09(月) 6:42 PM

    なんか…前から思ってたけど、ダメだしマン多くない?
    作者さんが遠慮なく指摘してくださいって言った結果ダメだしマン増量キャンペーンなら、まぁいいんだけども|ूᐕ)

  • 匿名 より: 2023/01/09(月) 9:23 PM

    ロレーナ、、、
    そんな繊細なところもあるのか。

    ユニスとかエイミーもだけど、この作品の女の子はギャップがあってかわいい。

  • 匿名 より: 2023/01/25(水) 2:58 PM

    ロレーナ、今のお前、虫の冒険者みたいだぜ。
    他の連中も、挑戦する気がないなら
    探索者(冒険者)なんざやめちまえ!!!
    っと読んでて突っ込みたくなった。

コメントを書く