第604話 お見送り

 

 努が大規模な障壁展開をダリルの懐で防ぎ、同じくガルムの懐に収まっていたソニアが四等分にされていた頃。フェンリルに首根っこを掴まれて逃走を余儀なくされていたリーレイアは、その態勢のままシルフに追い風を吹かせて尚も続く障壁から逃げていた。

 ただいつまでも咥えっぱなしの態勢では逃げ切れないと察したのか、フェンリルは渋々と首を横向きにしてリーレイアに背を掴むよう促した。それに彼女は鼻血でも出そうな顔で従い、騎乗用具を掴み氷狼に初めて跨った。


(……これ、浮島全域にまであるのでは? この状況こそありがたい限りですが、その後は困りますね)


 普段はここまで近づけもしないフェンリルへの騎乗は役得すぎてにまにましてしまうが、もう浮島の半分ほどは走っているにもかかわらず光の結晶が見えなくなることはない。

 そしてそれは浮島よりはやや小さい宝煌龍の全長範囲でようやくなくなり、リーレイアとフェンリルはソニアのようなバラバラ死体にならずに済んだ。

 ただ浮島の反対側まで逃げてきてしまったので、この膨大な量の障壁を割りながら進んで合流するのは骨が折れそうだとリーレイアは困ったように息をつく。


『グルゥ……』
「すみません」


 いつまで乗っているつもりだとフェンリルが威嚇するような唸り声を放ち、その背に肌を刺すような冷気が発生し始める。リーレイアが一言謝りすぐに降りると、氷狼は契約主の下に向かうため自身の体に氷の鎧を生み出し障壁を割りながら走り去っていった。


「……走りますか」


 まさか階層主戦で孤独なマラソンが始まるとは思わなかったが、フェンリルの構築した獣道を辿れば早く合流できるだろう。彼女は愉快そうに笑う褐色のシルフを頭に乗せ、フライも織り交ぜて飛ぶような疾走を始めた。

 だがその途中で獣道はあくまで獣道であることをリーレイアは自覚させられた。


(直線上に行くのはフェンリルでなければ無理ですね。慎重に行かなければ合流どころか刻印装備のロストまであり得る)


 突如として発生した障壁に体を貫かれて死亡したカンフガルーと、偶然にも部位一つの切断で済んだ個体。そんなモンスターたちが臨戦態勢でフェンリルの構築した獣道をうろついていた。

 そんな中でリーレイアがおめおめと姿を晒してしまえば初めこそどうにかなるが、その騒ぎを聞きつけたモンスターが寄ってきてしまえば詰みかねない。それにVITの高いミミックなどは無傷かつ臨戦態勢であるため、この障壁がある状態で見つかるのは不味い。

 努が蘇生してくれる一縷いちるの望みに賭けてもいいが、そうすると刻印装備は確実にロストする。いくら刻印士の努がいても今の環境でそれは致命的な痛手になり得るので、リーレイアは隠密行動でフェンリルとは別のルートで合流することにした。


 ――▽▽――


(殺し切りは次かな)


 レイズを通してPTを立て直し骸骨船長の必殺技を中断させていた努は、その後障壁のない上空から飛行船に降り立ち再び頭蓋骨をボコボコしていた。

 ただ今回は船員水晶体が思いのほか厄介というソニアの進言を聞き、そちらにガルムとダリルを派遣しているため火力が足りない。杖で殴るにつれて怒りを溜めるようにわなわなし始めた馬鹿でかい頭蓋骨を前に、努は船内にいる三人に撤退命令を発した。

 骸骨船長の必殺技こそ中断させたが、水晶体が納品した宝物が無駄になったわけではない。触れる者を発狂状態にさせ死に至らしめる瘴気を発しながら、その幽霊船はかつてのように飛行しようとしていた。


「あ、これガン逃げで! 最悪ダリル蘇生かも!」


 即死であろう瘴気を振り撒きながら迫らんとする幽霊船をいち早く察知した努は進化ジョブを使い真っ先に逃げ、その声を聞いたソニアたちもすぐに離脱する。

 障壁を薄い氷のように割りながら幽霊船は進軍を開始し、徐々にその速度は上がっていく。初めこそ遅いがAGI敏捷性の低いタンク職よりは速いであろうその速度を見て、ダリルは早々と替えてもらった刻印付きのタワーシールドをマジックバッグに仕舞い始めた。


「追いつかれそうになったら少しでも止めてみます」
「了解」


 幽霊船の飛行と瘴気がいつまで続くかわからないこの状況では、最悪を想定しておく必要がある。すぐ外せるような装備は外したダリルにマジックバッグを託されたガルムは短く答え、見送るように肩を盾で軽く叩いてフライの速度を上げた。


「えっ!?」
「悪いね。よろしく」


 そして真っ先に逃げたにもかかわらずダリルが装備を外しているのを見て引き返してきた努も、そう言って託すように肩を叩いてから離脱した。


「行けなくてごめーーーん!! 頑張ってーーー!!」


 そんな二人の励ましと遠くから大声で叫んだであろうソニアの微かな声をその垂れ耳で捉えたダリルは、兜鎧の下で困ったような笑みを浮かべた。そして重騎士なだけあってかこのPTの中では最も遅いフライの速度で精一杯逃げた。


「タワーウェル! スーパーアーマー!」


 だが空中にある薄い障壁をなぎ倒しながら飛行してくる幽霊船には速度で負け、ダリルは最後の悪足搔きとしていかりとなることを選んだ。

 以前に落下する飛行船こそ持ち上げてみせたものの、突進してくる幽霊船が相手では為す術もなくダリルはその身が耐えきれない衝撃を吸収してひしゃげた。だが幽霊船は氷塊にぶつかったかのようにその速度を落とし、進路が少し歪んだ。


『オオオオオォォォ!!』


 骸骨船長の意識はもうあってないようなものだが、それでもかつての命の恩人を轢き殺したことに何か感じたのか怨念の声が何処か物悲しい。だが駆動機関が止まることはなく再び進軍を開始した。


「あの判断はどうなの?」


 撤退指示を出した努が私情で引き返したせいで自分だけダリルに直接言えない形になったソニアは、フライで飛びながら恨みがましい目つきで彼に尋ねた。それに努は澄ました顔で答える。


「あぁやって直接励ましてやった方が精一杯足止めしてくれるってわかってたからね。おかげで飛行船の速度大分下がったし、引き返した手間以上の時間は稼げてるでしょ」
「あぁ、うん。神の眼を前に凄いこと言ってる」
「難儀なことだな」


 そんな努の口ぶりにガルムはやれやれといった様子で呟きつつ、眼下に見える手負いのモンスターを一瞥する。


「しかしあれがいつまでも続くようでは危ういぞ。下のモンスターを見る限り、あの黒い気に当たるのは不味い」


 幽霊船の瘴気に毒されたモンスターたちは悶え苦しむよう地面を這いずり、全身から血を噴き出して死に絶えている。それはミミックですら例外ではないので、恐らくガルムでも耐えきれないだろう。


「どうせ最後の悪足搔きだろうし、最悪このまま燃料切れを待ってもいいね」


 骸骨船長の本体を二度に渡ってボコボコにしていた努からすれば、その体力はもう二割もないと目算はついていた。それに水晶体も粗方狩り尽くされ、残った宝煌龍の瞳もその輝きを失っていたので最後の悪足搔きにしか見えなかった。


「あれ、5分で止まるかなぁ」
「それは僕たち次第だね。取り敢えず追いつかれはしなさそうだし、ソニアはあの気に当たらない範囲から攻撃しておいて。ガルムは万が一の待機。僕はリーレイア迎えに行ってくるよ」


 そう言った努の下にフライを使い軽々と跳んできたフェンリルが現れ、褒めてと言わんばかりに黒い鼻先を押し付けた。その背に乗りリーレイアと合流したいことを告げると、氷狼はまだまだ元気そうに長い舌を出してすぐに駆け出した。


「……魔法は通りづらいんだよね?」
「エクスプロージョンでいいのではないか? 爆破は物理的な側面も強い」
「ダリルのためにも頑張りますかっ」


 彼だけギルドの黒門で戻され神台越しに突破を祝わせるのも忍びないので、ソニアは気合を入れて距離減衰のない爆発を幽霊船の前面にある頭蓋骨に浴びせた。そこにはもう障壁は張られていないので先ほどよりもダメージの通りは良さそうだった。


「流石に二度目は駄目ですか」
「え、リーレイア乗せてくれてたんだ。偉いぞ」


 フェンリルが鼻を利かせたことですぐに見つかったリーレイアは、またこの女に跨られることは我慢ならなかった氷狼に口で咥えられる形で運ばれた。そして障壁のない上空に抜けてこちらに退きながら骸骨船長に爆発を浴びせているソニアたちと合流する。


「契約――サラマンダー。契約――ウンディーネ、ノーム」
「意外と時間ないから手早くね。安定した蘇生位置確保したいから」


 数々のエクスプロージョンで既にボロボロになっていた幽霊船への止めは何でも良かったが、リーレイアはエレメンタルフォースの準備をしていた。それに努は蘇生時間の都合もあってかそれだけ言うと杖を細剣に重ねる。


「エレメンタルフォース…………あの」
『…………』


 だが努が契約できたのはウンディーネのみで、フェンリルは契約を破棄せず未だ健在だった。そして三つの結晶化した精霊たちを怪訝な目で見下ろしている。


「……えっ待って」
「さっさと終わらせるよ」


 ただこのまま契約を解除して他の精霊に手柄を奪われるのは癪だったのか、フェンリルは氷の結晶となりその一団に加わった。そしてそれらが回転し精霊輪となったところでリーレイアは上擦った声を上げ、努はさっさとエレメンタル何某を打つよう指示した。


「ス、ステカ見たい! 絶対新しいスキルあるっ!」
「割るぞー。3、2、1」
「エレメンタル……バースト!」


 氷精霊の結晶化など初めて見たリーレイアの懇願も虚しく、努は人質にナイフでも突きつけるように頭上の精霊輪を握った。彼女はフェンリルの精霊スキルを予測して言おうか逡巡しゅんじゅんしたものの、本気で割られそうだったので最高火力のスキルを放った。

 四色の混じった光線に何処か冷気が見えるエレメンタルバーストは、骸骨船長の所々欠けていた脳天を貫いた。そしてその光が骨の中から溢れ出すと共に、幽霊船はみるみる内に氷細工と化した。


「バリア、レイズ」


 幽霊船の勢いが衰え発されていた瘴気も消えたところで、努はバリアで蘇生場所を確保してそこにダリルを蘇生させた。


「それ付けてると本当に天使みたいですね?」
「ここは地獄だぞー」


 まだ精霊輪が頭上にある努は仰向けの状態で蘇生が完了し目を開けた彼を起こしてヒールで労わりつつ、光の粒子を漏らし始めた幽霊船を見送る。


「さて、ドロップ品はなーにかなと」


 階層主といえば極大魔石が付き物であるが、宝箱がドロップしやすい浮島階層なので多少は期待も持てる。そんな努を筆頭にPTメンバーが幽霊船に向かうと、その船頭に見覚えのあるシルエットがあった。

 案山子かかしのような見た目の骸骨船長は枯れ草のように項垂れている。そして努たちを知覚するとその顔を上げた。


「ア――」


 骸骨船長が何かを言おうとした矢先、投げ飛ばされた無骨な杖がその顔面に直撃し砕いた。それを投げた当人はあまりにも綺麗に当たったことに驚いている。


「言い残したいことはあるか? ……なさそうだね」
「……どの口が言ってるんですかね」


 そんな努の戯言に、止めを刺そうとレイピアを抜いていたリーレイアはそう突っ込みながらその細剣を収めた。そして海賊帽子を除いて粒子化し天に昇って行った骸骨船長を憐みの目で見上げた。

 コメント
  • 匿名 より: 2023/12/18(月) 3:45 AM

    死にたくなくて瞳納品したのに、殺されて「アリガトウ」にはならんやろなあ
    と、思ってるから答え合わせが楽しみなんだけど、好感度によって変わるとかもありそうだからずっとわからない説もあるんだよな

  • 匿名 より: 2023/12/18(月) 6:48 AM

    あれだけ文句言ってたのにエレフォしてくれるツトムはなんだかんだ優しい。んじゃなくて、PTメンバーを乗せに乗せる言動がパッシブ発動してるんだろうな。

  • 【若 タ。 より: 2023/12/18(月) 1:27 PM

    てかクリア後にまた来たら船長どうなってんだろうか。
    170階層の記憶のみ消されてるか全くの別物とかか?
    逆に記憶残ったままでもいいな

  • 匿名 より: 2023/12/20(水) 12:54 AM

    めっちゃアツい階層主戦だった。
    努は最前線に返り咲いたわけだしこれでディニエル帰ってくるかな。

  • 匿名 より: 2023/12/21(木) 4:01 PM

    ディニエルは要らないな
    助っ人枠空けておいてクロアやソニアみたいにゲストキャラ入れて、努が褒めて伸ばして活躍させたり雑談したりの方が楽しい

  • 匿名 より: 2024/01/09(火) 7:29 PM

    更新ありがとーーーーー!!!!!!!!

  • 雪虫 より: 2024/01/24(水) 4:03 PM

    無骨なその杖は、明らかに骨の形をしていた。。。ブコツ!

コメントを書く