第606話 170階層戦 ギルド

 

 一番台と三十二番台が同時に暗転して入れ替わる演出は各所で発生し、それはギルドでも同様だった。その例を見ない神台の挙動に探索者たちは盛り上がり、長年それを見てきたギルド職員たちも目を丸くしていた。


「こーれは映えます」
「一度舞台のスポットライトを消して、観客を注目させるようなものだね。神台でそれをやられたらたまったものではないよ!」
「これ、あたしたちもなるっすかね!?」


 そんな中、ギルドで神台を視聴していたエイミーとゼノはその演出に舌を巻いていた。そこに同席しているハンナも子供のようにはしゃぎ、最後まで三十二番台を見ていたアーミラとコリナは神妙な顔で変化した骸骨船長について話し合いながら合流していた。

 今回アーミラPTは先行していたリーレイアPTのお手並み拝見ついでに、骸骨船長の動向を探っていた。勿論おいそれと負けるつもりこそないが、やはり刻印装備がまだ納品されていない影響もありその進行度は彼女らよりは遅かった。

 それに骸骨船長との関係値が良好であるが故にモンスター化の狭間を彷徨っているユニスPTや、海賊船を自力で撃破したものの170階層では足下を見られ宝煌龍の宝石を全種類コンプリートするまで進めなくなってしまったステファニーPTのようになるのは不味い。

 その二の舞にならないようまだ骸骨船長との関係値が決まっていないPTは慎重策を選んでいる。それが無限の輪のPTとアルドレットクロウの二軍、その下に中堅クランのノヴァレギオンが控えている形だ。


「にしてもあいつが自殺行為するとはな。追い詰められたらまた逃げる、なんてことにならなきゃいいが」
「私たち仲間外れだもんねー」
「…………」


 努とリーレイアが話す場面を神台で見ていたアーミラが毒づくと、エイミーがにこにこしながらそう言った。百階層戦においてのタンク陣だけが揃っているPTに、アーミラは視線を鋭くしながら押し黙る。

 クランメンバーがそうこう話している傍ら、ギルドに訪れていた迷宮マニアも無限の輪と一番台に釘付けとなっていた。迷宮マニアからすればいつも神台で見ている生エイミーが目の前にいることに内心大興奮であるが、しかしそれを表に出すことは一切しない。

 少なくともギルド内においては、神台に映るような探索者にファンですなどと声を掛けないのが暗黙のルールだ。それを破って声をかけるような迷惑者はすぐステカを控えられてギルド出禁になってしまうし、探索者登録も容易には出来なくなる。

 それにもし探索者相手に何かしらのトラブルが起きてしまえば迷宮マニア側は物理的に勝てるわけもないので、ギルドは言わば柵のないサファリパークみたいなものである。そこに来るような者は文字通り命懸けであるため、その分立場を弁えてもいる。


「やっぱり障壁も使える感じか。不敬なモンスターだな」
「あれをやられたら避けタンクはたまったもんじゃないぞ」


 障壁で閉じ込めてからの砲撃を受けたダリルを見て、迷宮マニアたちは猛獣の気を引かないようひそひそと話し合いながらメモを取る。そのついでにジェラシーを抱いている様子のアーミラとそれをからかうエイミーなどの様子も観察し、その人間模様も描いていく。

 観衆の中には探索者の人間関係を盛り込んだ記事を好んで読む者も多いため、迷宮マニアの中にはこうしてギルドにまで乗り込む者もいる。ただ一歩間違えれば虎の尾を踏むことにもなるため、よほど酔狂な者しかいないのが現状である。


「あー。これは船員優先かな? 人数配分ミスったね」
「刻印装備持ちのガルムですらあそこまで追いつめられるとなると、困ったものだね」
「あたしが避けてあげるっすよー」
「お前、ヘイト取った瞬間詰みじゃね?」
「正直、私もあれに耐え切れるかは怪しいところだがね!」


 そんな迷宮マニアを他所に無限の輪の面々はそうこう話しながら各々食堂で頼んでいた食べ物をつまみつつ、障壁に閉じ込められているダリルや船員水晶体と戦うガルムたちを観戦していた。

 ハンナとアーミラはその若い身体に見合うたっぷりの油で揚げられたポテトを、ゼノとエイミーは色鮮やかな野菜が散りばめられたサラダをつまむ。コリナはその両方を食べていた。


「ツトム、ぽかぽか殴ってる感じで可愛いけどさ。あれ結構DPSは出てそうだよね」
「打撃弱点ならコリナに行かせてぇが、水晶体をヒーラーなしでいなすのは無理だよな。てか、ツトムであれならこいつが刻印装備持ったらどうなっちまうんだか」
「むぅん! で骸骨船長、一撃でしょ?」
「エイミーさん?」
「そもそもむぅんって、どういう掛け声なんだよ」
「別に意識して出してるわけじゃないですからね……。アーミラだっておらおら叫んでるじゃないですか」


 エイミーとアーミラに好き放題言われているコリナはそう返しながら、薄味のサラダで塩味の強いポテトを巻いて食べている。

 そうこう話している内に努が撤退指示を出し、幽霊船から瘴気が溢れ出た。それから悠々と逃れていたPTを見ていた最中、唐突に障壁の予備線が幾千にも渡って引かれ観衆にどよめきが走る。

 その障壁が幽霊船に沿って次々と成立していく煌めきに飲み込まれた時、神台に映っていたのは包み込まれる形でガルムに庇われていたソニアだった。だが彼女はその煌めきが収まった後、障壁に身体を分断される形で死亡していた。


「……ソニアは死んだが、ツトムは生きてるのか。多分、ツトムもソニアと同じように庇われてたよな?」
「浄化避けの要領で出来てたと思うが、スパアマ使わないと駄目だとか?」
「浄化と違って身体で庇っても無理なパターンか」
「……あ、これお団子レイズ化する感じか。ソニア蘇生絶望的か?」


 瞬間移動で切り替わった神の眼の先で努は生きてレイズを撃っていることに、迷宮マニアたちはウルフォディアを例に挙げつつ考察を深めていた。


「上の障壁割っていけばどうにかなるか?」
「それは無理と判断して骸骨船長削りに行ってもいいな。普通に殺し切れる範囲ではありそうだし」
「いやここの判断こえー。しかも残ってるのがダリルなのが不安すぎる」


 同業者としてこの状況の怖さがある程度理解できる中堅探索者たちは、全滅もあり得る瀬戸際に手に汗握らせていた。そしてあくまでヒーラーに徹した努の判断に難しい表情をしながら神台を見守る。


「うわ、ダリルやらかした」
「柔い障壁から緩急つけてきたか。骸骨船長、対人戦に近いな」
「判断がおそぉい!! タンクがなよなよしてるとヒーラーは困るんだよ!」
「ぶふぅぅぅぅ……!」


 それから障壁の緩急により昏倒したダリルに、探索者たちはドカ食い気絶部のように唇を震わせて馬鹿にした。


「根性は見せたな」
「ですね。ここぞという時に耐え切れるのは流石です」


 だがそれでも努の指示を実行し最後には身体を張って彼を守ったダリルに、アーミラとコリナは賞賛の言葉を送る。


「うぉーー!! ガルムっすーーー!!」
「ここでガルム君が出てくるのはズルいねぇ! そんなの格好いいに決まってるじゃないか!」
「はい良いとこ取りー」


 そして努の窮地に駆け付けタンクを全うしたガルムにハンナとゼノは思わずスタンディングオベーションで、エイミーは冷めた野次を飛ばしていた。


「そこは君の命に比べれば安いもんなら100点だったのに!」
「もし刻印装備あんなに破損したら普通は破産だけどな……」
「はい余計な口―」


 身を挺して守ったものの刻印装備を破損しおろおろしていたダリルとそれをさして気にしていない努に、女性の探索者たちは思わずにまにましている。それに男性探索者は被害額のデカさに思わず突っ込んだものの、女性陣から冷ややかな視線を浴びせられていた。


「いや次は平然と100点取るじゃん! 100点すぎてあざといって思っちゃうくらい!」
「あざといわー」
「新参の探索者かよ」
「……でも、タンク冥利には尽きるね。それこそ観衆とかは大歓喜なんじゃない?」


 その後幽霊船の瘴気特攻から逃げられないと悟ったダリルが、ロスト前提の装備だけを着込んでマジックバッグをガルムに預けた。そしてガルムの小粋な気遣いと努の直球すぎる気配りに、探索者たちは各々むずがゆいような悲鳴を上げていた。

 それこそまだ死に慣れていない新参の探索者が、仲間まで死ぬのを避けるために自身を犠牲にするような場面。沼階層で底なし沼にハマったり、荒野階層でアンデッドを引き付けすぎた時にはそうなることもあった。

 そういった時は先ほどの努のような気遣いを見せることは確かにあったが、フライを覚える頃には探索者にとって死は付き物の扱いになり、100階層を超える頃には日常に成り下がる。

 そんな探索者たちからすれば努の青臭い気配りはむずがゆさすら感じるものがある。だがどうも彼がゼノのように神の眼を意識して言っているようにも感じられず、一種の憧れや萌えを感じてもいた。

 そんな努の気配りに命懸けで答えたダリルが幽霊船の勢いを止めたところで、迷宮マニアはずびずびと鼻をすすっていた。それに探索者たちも少しは新参の気持ちを思い出したのか、ギルド内はやさしい世界になっていた。


「今日は皆さん、タンクに感謝する日になりそうですね」
「ありがとねー」
「んふー」


 そんな光景を見て少しは感謝してもいいんだよと大きい胸を張るハンナを、エイミーは愛犬のように撫で繰り回した。それを本日主役と言わんばかりの顔で受け取っている彼女にゼノは苦笑いを零す。


「ツンツンツトムきたぁ!!」
「あれが演技ならもう何も信じられないよぉ」
「ツトムは本気で死にたくなさそうだし、照れ隠しだろ」
「言わせんな恥ずかしい」
「恥ずかしいのはタンクへの言動だろ……。甘々すぎてとてもじゃないが言えないよ」


 その後神の眼を前に難儀なことを仰る努に探索者たちは総突っ込みしつつ、フェンリルが合流して去っていくのを見送った。


「いや、エレメンタルフォース、フェンリルもいけるのかよ!?」
「まるで人間霊玉だぁ……。直ちに保護しないと精霊術士の損失になるよ」
「あおーーーん!!」


 そしてそのフェンリルが結晶化したことについては初めての事例だったため、精霊術士は案の定大騒ぎだった。


「最後の言葉くらい言わせてやれよな」
「あまりにも惨い。あれがタンクに甘い言葉をかける人間のやることか?」
「リーレイアへの優しさだろ。骸骨船長、どうせろくな事言わなさそうだし」


 何か言い残そうとした骸骨船長を杖の投擲で綺麗に邪魔した努には、探索者たちも思わず笑ってしまっていた。


「障壁の対策と水晶体に重きを置く感じでいいですかね?」
「だな。……俺らもあんな風にしてやった方がいいか?」
「気持ちだけ受け取っておくよ。妻にも何を言われるのかわからないしね」


 そんな努の畜生ぶりにさして驚きもしていない無限の輪。その中でタンクへの気配りを変えてやろうかと提案したアーミラに、ゼノは困ったような笑顔でそう答えるに留めた。

 コメント
  • 匿名 より: 2023/12/22(金) 5:21 AM

    4:50 PM
    5分かかるのはアタッカー1人の話じゃん
    しかもダリルはアタッカー下手そうだし
    体力半分の確定行動だから、早めに殴るの切り上げて事前に障壁割っとけばいいだけ
    スタン中だから障壁修理されない

  • 匿名 より: 2023/12/22(金) 6:50 AM

    確定行動かは分かんないし、瞳を消費する奥の手は全体障壁以外にも数パターンありそう
    まあでも結局誘導すればいいだけだな
    なんなら全体障壁が来ないように誘導すればいいし
    確定なら事前に障壁割っておけばいいだけか

  • 匿名 より: 2023/12/22(金) 7:51 AM

    5:21
    スタン中に骸骨船長と船員水晶体を殴ってから大技は発動するのに事前に割っておく?大技が5分かかる辺りまで届くのだから相当早く離脱しないと逃げられない話をしてるのに?
    早く離脱してスタンが時間だったら自ら有効時間を捨てるだけ。あの描写で全てを知った気になるよりは障壁斬撃の対策をするのがこれまでの一般的な攻略スタイルだと思うけど。

  • 匿名 より: 2023/12/22(金) 8:28 AM

    事前に割るのは上空にある障壁だよ
    全体障壁とは関係なくレイズ対策で常に障壁がある可能性をケアしてるだけ
    ないなら割るまでもなく上空に移動して全体障壁避ける
    ずっと全体障壁の対策の話しかしてないよ
    上空が安全地帯かは不明だけど、重騎士必要ない攻略法は流石に存在するだろ

    あとダリル1人で5分だからアタッカー数人いればもっと短くできる
    瞳の数は2つしかないんだから全力で耐えればいい
    全滅したら負けなんだから早めに離脱して有効時間も捨てるんだよ

  • 匿名 より: 2023/12/22(金) 8:43 AM

    8:28
    事前に上空に障壁がある描写なんてないと思うけど。
    上空に逃げて努がキャンセルした全体砲撃で飽和攻撃されたら逃げる場所ないけど?
    更に上空で個別に障壁に包まれたら?
    色々やってみるのはいいけど明らかに無駄なことしてるようにしか見えない。
    まずは耐えられるかどうかを見ずに逃げるとか。

  • 匿名 より: 2023/12/22(金) 9:00 AM

    お前思考停止しすぎだろ

  • 匿名 より: 2023/12/22(金) 12:50 PM

    9:00
    思考停止してるのはどちらか読んだ人間が判断してくれるだろう。
    まず骸骨船長のスタンまで持ち込んだらPT全員で船員水晶体を全滅できるか試す手もある。ステフPTはノーチャージ納品済ですとかでなければ試す価値はあるし、外国船長のHPを削らなければ大技がないなら全滅しとくのも作戦としてアリ。
    次にスタンは時限で障壁斬撃を喰らった場合にPT全員にポルクのバフで耐えられるか。白魔のステフは更に自分に多重バリアで耐えられるか。更にはサークルヒールしてからリジェネで耐えられないかとか色々検証できる。よっぽど障壁斬撃は怖いただ逃げようよりよほどマシ。むしろ上空が平面より半径が短そうなのは上空に誘導されてる可能性もある。
    様々な可能性を考えてる人間に思考停止とか具体的じゃないね。

  • 匿名 より: 2023/12/22(金) 2:24 PM

    とりあえずツトム達の時に分かったのは
    ①障壁斬撃とでも呼ぶべき広範囲攻撃の大技がある
    ②行動のトリガーは不明だが、ヒットポイント半分近くなどのピンチの可能性が高い
    までで
      
    そして以下は推測されるが船長と探索者側の行動で変更される可能性があるもの。
     
    ①上空に必ずしも安全地帯があるかは、まだ分からない。
    ②そもそも遠くに逃げる以外の安全地帯が本当にあるかは分からない。
    ③大技が必ずしも今回の障壁斬撃と同じは限らない
      
    船長は大規模砲撃しようとしていたのをキャンセルしたり、追加の障壁を張ってくるなど臨機応変である。
      
    よって
    ①早期に船員達を全滅させたり長時間掛かっても探索者達を倒せなかった場合など、船長が危機感を感じる事がトリガーだった場合は別のトリガーで障壁斬撃をしてくる可能性はある。
      
    ②障壁斬撃の時に全員上空にいた時に、障壁斬撃の範囲を上空に集める可能性はないとは言えない(間に合わないからそちらに逃げるのと、最初からそこで待機してハメ技みたいにするのとは同じ挙動をするかは不明)
      
    なので、避けることは否定しないけれど上空に逃げるとしても避ける組は敏捷の高いジョブでないと難しいと思う。

    逆に敏捷が低くて遅いジョブは耐えるので良いと思う。

  • 匿名 より: 2023/12/23(土) 2:02 PM

    暗黙のルールなのに出禁·登録難にまでなるとかやべえな
    エスパーじゃないと暮らしていけん

  • 匿名 より: 2023/12/24(日) 8:05 PM

    この話、長文の数がヤバいね

  • 匿名 より: 2023/12/25(月) 2:08 AM

    その辺りは物凄く日本的だねw
    空気読んで行動しろよっていう

  • 匿名 より: 2023/12/30(土) 4:01 AM

    蘇生が制限されたら阿鼻叫喚になるね。
    3種もお団子もその為の布石になるかな。

  • はよ より: 2024/01/02(火) 5:49 PM

    つとむちゃん攻略知らないの?
    メンバーみんなおもってるよよよ

  • 匿名 より: 2024/01/09(火) 7:42 PM

    更新ありがとーーーーー!!!!!!!!

  • 匿名 より: 2024/01/11(木) 1:31 AM

    あおーーーん!!!で草

  • 匿名 より: 2024/01/25(木) 6:30 AM

    ツンツンツトムのファンいて草
    ゲーム実況者のナチュラルサイコに萌えるようなもんかな

コメントを書く