第610話 帝階層のPTドラフト

 

「…………」


 無限の輪の休みも明け、各自準備を終えた現状のクランメンバー九人が一堂に会した。だがその中でも明るさの代名詞であるハンナが何故かぶすっとした顔で無言を貫いている。

 そんな彼女にエイミーやダリルは苦笑いで、集合時間ギリギリで一番遅れてきた努はその様子に首を傾げた。


「なんか拗ねてるみたいだけど、どうしたの? 昨日はあたしがPT決めるっす! って張り切ってたのに」
「朝一でディニちゃんに帰ってこいって直談判したんだけど、しつこいって断られたんだって」
「あー……」


 努は先日エイミーから言われたこともあり一応ディニエル宛に誘いの手紙は速達で送っておいたが、その返事としては実力を証明すると書かれた紙がクランハウスのポストに投げ込まれるのみだった。

 努としてはそんな果たし状をわざわざ投げ込みにきたであろう彼女を想像して思わず笑ってしまったし、先日にちゃついていたリーレイアも笑みを深めるだけだった。

 ただ今回PT任命権のあるハンナからすれば、その返事はあまり笑えないものだったらしい。彼女にとっては今回離れ離れになっていた初期の無限の輪PTが集まれる絶好の機会でもあった。

 それを訴えるためにハンナは朝一でアルドレットクロウのクランハウスに訪れたものの、ディニエルにしつこいと一蹴されて相手にされなかった。


「なんなんっすか、あの頑固エルフ……。本当は入れてほしい癖に、こっちから行ってあげたらアレっす。あれじゃそれこそ意固地な婆さんと変わらないっすよ」
「大人になると逆に素直に物を言えなくなる時もあるよね」
「……まぁ、わからなくもないです」
「ままならないものだね」


 そんな努の呟きにクランメンバーの中では年長者であるコリナと、妻帯者であるゼノは少し同意した。するとハンナは否定されたと思ったのか鼻息を荒くする。


「師匠も頑固っすからねー! さっさとディニエルにもごめんなさいするっす!」
「ごめんなさいしても帰ってこなかったでしょ。僕がヒーラーとして一流じゃないと帰ってこないらしいし、そんな僕にアタッカーとしては一流って見直されたいのも変な話だけど」
「ふぅん! よくわからないっす!」
「また腐れ剣士早狩りとかシェルクラブヘイト合戦でもする感じで、実力をわからせなきゃいけないのかもね。今度はディニエルに」
「…………」


 そんな努の返しにハンナはあまりピンと来ていなかったが、次第に初期PTでのいざこざを思い出したのかその目を見開き始めた。そして天才かと言わんばかりに瞳をきらきらとさせてぶんぶん頷く。


「よーし! じゃあ次の階層主もディニエルより先に突破してわからせてやるっす! 今度は師匠も参加っすね!」
「おー! また水をかけてやるぞー!」
「おーっす!」
「殺すぞ」
「冗談ですやーん」


 そうして努もおもむろに水の入ったコップを持って音頭を取ったが、ドスの効いたアーミラに脅されるとそれをささっと机の上に置いた。ただ彼女はそれで嫌な記憶が再燃したのかジトっとした目つきで努を見上げる。


「つーかよ。気絶してる奴の顔に水だばだばかけて起こすか普通?」
「僕はハンナに命令されてやっただけだから」
「いや、命令してないっす。師匠が勝手にかけはじめたっす。それも水筒を開けてキンキンのやつ」
「いーや絶対言ってたね。っていうか何で水筒開けたのは覚えてるのに、命令したのは忘れてるんだよ」
「命令してないっすもんっ」
「……確かに言っていたかもしれないですけど、仮に命令されたからといって普通、ギルド長の娘さんに水かけますかね?」


 そんなダリルの鋭い突っ込みに、努はとぼけた鳩のように首を伸ばしてきょろきょろしだした。

 ただ初期メンバーの身内ネタがわからなかったリーレイアはしらーっとした顔で、何やら以心伝心の弄り合いをしている四人を見つめていた。そして無限の輪の居残り組であるガルム、ゼノ、コリナを見回す。


「私たちもツトムが失踪していた間のネタでも話しますか?」
「……うーん。それこそ100階層以降が解放された直後は色々ありましたけど、ハンナが修行に行った後は何かありましたかね?」
「ガルムが酒に溺れた時、主人は何処だと夜鳴きしてたとか?」
「あれだけ憎まれ口を叩いていたのに、いざツトムが帰ってきたら泣き――」
「よし殺す。こーろーすー」
「慎みたまえよ」


 こちらはこちらであーだこーだ騒いでいる中、そのどちらの時期にも外部にいたエイミーは何とも言えない笑みを顔に張り付けていた。そんな彼女のもにょついた態度に気付いた努が救急隊のように駆け付ける。


「不味い、エイミーが息してない」
「息苦しいからシルバービースト移籍しようかなって思ってたところだよ」
「火竜の話しよ、火竜の」
「火竜の時も初突破はギルド長で、わたしは一人神台を見てたわけだけど……」
「やけに仲間外れ率高いね。これが人徳の差か……」
「キョウタニ君―?」


 最近ディニエルが京谷努というフルネームで呼んでいたことに対抗してか、エイミーは弄ってきた彼に名字で呼び掛けた。そんな彼女の概ね正しい発音に努は少し驚いて笑った後、皆の注意を引くように手を叩いた。


「はい。それじゃあ昔話もこれくらいにして、さっさとPT決めするよー。臨時の枠はクロアだからねー」
「ソニア、引き続き入りたそうにチラチラしてましたよ?」
「厳正なくじ引きの結果なんで。どうせならマデリン入りで引きたかったけどね」


 シルバービーストの上位軍は大半が帝都に出払っているので、帝階層に挑める見込みがあるのはユニスPTのメンバーしかいない。その中で立候補したユニス、クロアと保険のソニアを合わせてくじを引いた結果、槌士の彼女が第一候補となった。


「先攻と後攻、どちらがいいかな? ハンナ君の希望があれば譲るが」
「んー。こう取って……こう。こう取ったら、こうで……」


 ゼノの提案にハンナは自分が取りたいメンバーを指差し確認し、どうすれば良い感じに取れるか頑張って考えていた。そんな彼女の様子にゼノは苦笑いした後、念のため努に近づく。


「ハンナ君に配慮したPT決めをしなくても問題はないかな?」
「大人しく主役を譲れるようなタイプだっけ?」
「はははっ! 確かにそれはこの私でも不可能なことだね!」


 気遣うような表情だったゼノはその言葉で憂いを消したように笑い、クランメンバーをぐるりと見回した。


「ディニエル君に目にもの見せるのはハンナ君のPTだけではない! むしろこの私!! ゼノがあっと言わせてみせようではないかっ!」
「……じゃ、先攻いいっすよ」
「ほう? それではダリル君! カモン!」
「……へ?」


 また最後の方に呼ばれるのだろうなとすっかり気を抜いていたダリルは、突然の指名に素っ頓狂な声を漏らした。そんな彼にゼノは弾けるように笑顔で手を差し向けた。


「170階層での活躍、見事だった! 帝階層からは私のPTでその腕に磨きをかけたまえ!」


 無限の輪に復帰直後のダリルはまさに錆び付いた鎧そのものだったが、それはガルムに錆を落とされ努が素材をそのままに一から重鎧として作り上げた。それを磨き上げて一級品にするのはこのゼノの他にいないだろう。


「ま、マジっすか……」


 そんな彼の気持ちも知らずてっきりリーレイアやガルム辺りを取られると思っていたハンナは、初っ端から自分の想定が崩れたことでがっくりと肩を落としていた。


「……じゃ、師匠とアーミラで」


 そしてゼノに恨みがましい視線を向けた後、初期のPTメンバーである二人を指名した。


「先攻譲ったのが間違いだったかもね」
「先攻でダリルから取ればどうにかなったっすかね?」
「でもゼノ後攻だったら僕は選ばれそうだけどね。祈禱師と組むのもそろそろ飽きてそうだし」
「ゼノには嫌われてるからねーだろ、お前は」
「嫌われてませんー。今度ワイン飲みにいきますぅー」
「クランリーダーだから渋々付き合ってもらってるとは思わねぇのか?」


 そうアーミラから言われ自信を無くし始めた努はゼノに視線を向けたが、彼は困ったような笑みを返すだけだった。努は愕然とした。


「マジじゃん」
「嘘だよ! またミスティウッドにでも行こうではないか! 出来ればディニエル君も連れてね!」


 長寿であるエルフは年数をかけて熟成させるワイン作りに長けている一面もあるが、そんなエルフが経営しているミスティウッドという店はワイン通の間ではよく知られている。


「さてはて、どうしたものか……」


 ダリル、努、アーミラが選択肢からなくなったことでゼノも即決というわけにはいかなくなった。この状況なら一先ずコリナは除外してもいいのだが、相手がハンナだとPTバランスも気にせず平気でヒーラーを取ってくる可能性もある。


「コリナと、リーレイア君を貰おうか。二人とも、ディニエル君に思うところはあるだろう?」
「そろそろアーミラと組みたかったところではありますが……仕方がありませんね」
「どうせ取られることもないでしょうに……」


 先日指針を得たリーレイアと165階層でディニエルと直接対決していたコリナは、各々そう言いながらゼノの方へと歩み寄った。


「……ガルムとエイミーって一緒のPTでも大丈夫っすよね?」
「別に大丈夫だよー」
「善処する」
「じゃ、ガルムエイミーで。師匠はPTリーダーよろしくっす~」


 そんな二人の意見も聞いたところでハンナはガルムとエイミーを指名し、残り物のクロアが自動的に割り振られ無限の輪のPTは決定された。


「前PT組んでた時はあれだけクロアに同情的だったのに、どうして……」
「エルフ狩りっすーー!!」
「思う存分暴れられそうだな」
「デバッファー双剣士いくぞっ!」
「素直にアタッカーでもしておけ」


 努、ハンナ、ガルム、アーミラ、エイミーの無限の輪初期組が多いPTは、どの役割にも古参の探索者が存在しているので安定感がある。だがユニークスキル持ちと魔流の拳による爆発力も秘めている。


「あの垂れ耳犬人を押し付けられたのは割と致命的なのでは?」
「…………」
「彼女もあの過酷な環境でかなりの急成長を遂げていると聞くぞ?」
「打撃武器三人は中々見ませんね。楽しみですぅ」


 ゼノ、ダリル、リーレイア、クロア、コリナのPTは槌士、重騎士、祈禱師と打撃系武器を主軸としたジョブが勢揃いしている。そして努のいない無限の輪で指揮を務めることが多かった聖騎士が仕切り、サブリーダー気質の精霊術士もその本領を発揮できる。


「最悪クロアは帝階層に引っ張ってくることになるけど、まぁあのPTもあと数日くらいで突破はできると思う。それまではソニアが入ることになってて、一週間経っても無理そうなら引っ張る感じで」
「了解した! では早速行こうか! 新生ゼノPTの幕開けだっ」
「暑苦しい……」
「もうゼノはいいですぅ……」


 そんなゼノに連れられてげんなりしているリーレイアとコリナが続き、ダリルは努とガルムに軽く頭を下げた後にリビングを出ていった。

 コメント
  • 匿名 より: 2024/01/11(木) 1:56 PM

    8:50 AM
    まあ、そうだよね
    君自体も誤解してるから
    ゼノ努不仲説と言い切ってる時点で勘違いしてる
    ゼノ努不仲説とゼノ努不信感説とゼノ努に怯えてる説とか色々あるから不仲で一括りしてる時点で君も誤解してる

  • 匿名 より: 2024/01/11(木) 2:01 PM

    ツトムPTも早速帝階層を攻略していくのか、それとも遠征組が帰還して何かしら問題が起きるのか。どんな展開になるのかワクワク

  • 匿名 より: 2024/01/11(木) 2:11 PM

    今回の話も含めて読む限りではディニエルいてもギスギスはしなさそうだけどね。エイミーいるし。てか手紙投函に来たのウケるわー。内容からしてツトムが一流なのはほぼ認めた上で、アルドレへの義理を通すことも兼ねて独力で階層を並べるから移籍する前に自分の実力を見てほしいって感じだし、健気だよなぁ。骸骨船長の好感度低いの決闘で船内ボコボコにした影響も多少あるだろうし(まぁ、ぶっ壊した主犯はゴリナなんだけど)

  • 匿名 より: 2024/01/11(木) 3:04 PM

    ほんと各キャラが生きているようで読んでいて楽しいね
    ライダン最高

  • 匿名 より: 2024/01/11(木) 3:36 PM

    いやいや、今もディニちゃん超一流だから。てか、一流以下はアルドレで一軍入れないだろ

  • 匿名 より: 2024/01/11(木) 4:07 PM

    戦闘員としては超超超一流だね

  • 匿名 より: 2024/01/11(木) 4:41 PM

    勝つために努力を惜しまない姿勢は確かに一流。たとえvsハンナを避けるために調子崩させてムーの怒りを買ったとしてもw
    しかしツトムの攻略を装備頼みの二流の動き、と貶すのは間違い。ツトムからすれば刻印っていう最適解出してるのにマゾい装備で階層主に挑むとかド三流もいいとこ、ってなる。

  • 匿名 より: 2024/01/11(木) 5:20 PM

    適正装備を確保できるのも実力の一部ではあるんだけどな…
    あの世界個人の技術ばかり贔屓しすぎるのが

  • 匿名 より: 2024/01/11(木) 5:35 PM

    個人の技術ばかり贔屓←わかる。
    とは言え、この世界だとエンタメ性も必要な環境ではあるからなー。縛りプレイも魅せプレイとしてはアリなのかも。装備性能で被弾ボロボロにもらいながらゴリ押しクリアでは観衆受けが悪いという側面はありそう。環境停滞は問題だけど、極論階層進めなくても観衆が楽しんでればコンテンツとして成立する世界だしなぁ

  • 匿名 より: 2024/01/11(木) 6:27 PM

    無敵のダリルロボは男の子に人気ありそう

  • 匿名 より: 2024/01/11(木) 7:43 PM

    個人の技術っていうけどさ
    刻印装備以外の色々ついた装備は普通に必要だつって当然な顔して使ってんのよ?
    刻印装備にだけイチャモンつけてんの老害化現象にしか見えないんだが
     
    ゼノと努の話さ、不信感だか怯えだか知らんけどw
    本編読んだだけじゃ変化と解消を納得出来ない勢の声が大きいのはプライベートの海水浴を限定SSにした弊害出てるんじゃないの
    その辺り振り分けるの難しいよね

  • 匿名 より: 2024/01/11(木) 8:33 PM

    今まで技術磨いていなかった素人がスキル覚えた程度で長年腕磨いた自分らが仕上げた完璧なものに手を加えるなんざ許せねえって感じなんだろうドワーフとか
    ゲーム思考なら追加システムとか理解できるけど、現実として生きてる身には突然こうできるようになりました言われてもすぐに変化できない
    本編での貴族問題みたいな

  • 匿名 より: 2024/01/11(木) 9:04 PM

    画像生成AIのあれこれとちょっと似てるかも
    知らんけど

  • 匿名 より: 2024/01/12(金) 3:25 PM

    クソエルフまぢいらねえ

  • 匿名 より: 2024/01/13(土) 2:05 PM

    くじで負けちゃうユニスかわいい

  • 匿名 より: 2024/01/13(土) 3:05 PM

    ディニエルがこんなに嫌われてる理由が分かんないんだよなあ
    1番ヘイトを買うべきは神運営で、全員巻き込まれ事故のようなものだし
    そら寿命が長いエルフで、まだ若い部類だし暫くの間(人間から見れば長々と)ひとつの事柄に執着するのは当然だろう
    何よりライダンは最初から一貫して努が帰る物語なんだから、ディニエルが再加入しなきゃストーリーとしての根幹が崩れて美しくないよ

  • 匿名 より: 2024/01/13(土) 9:49 PM

    漫画版のディニエルが可愛くない件について。
    まあエイミーもハンナもパッとしないんだけどディニエルが一番ガッカリした。

  • 匿名 より: 2024/01/14(日) 1:14 AM

    クロア再加入ありがとうございますありがとうございます

  • 匿名 より: 2024/01/14(日) 3:44 PM

    にやにやが止まらねぇよっっ!
    最高だよ! ワクワクが止まらない!

  • 匿名 より: 2024/01/15(月) 11:53 AM

    サ終が決定して誰もやらなくなったゲームに最後まで固執していたゲー廃が拉致を経てリアルゲームの世界に逃げ込む話

  • はよ より: 2024/01/15(月) 11:00 PM

    で。。
    デニばぁが入ったら誰が抜けるのよ?
    エイミーだな残念。ケモナー

  • 匿名 より: 2024/01/15(月) 11:11 PM

    ゼノ不仲説なぁ・・・一度裏切ったヤツは二度裏切る的な、覆水盆に返らず一度口に出しちゃった以上は言わなかった状況には戻れないっていう考えに見えなくもない
    ディニは嫌われるどうこう以前にそもそも好かれる事やってないじゃん

  • 匿名 より: 2024/01/16(火) 7:08 PM

    >ディニは嫌われるどうこう以前にそもそも好かれる事やってないじゃん
    それな
    残念枠に入りつつある

  • 匿名 より: 2024/01/17(水) 11:43 PM

    当時、絶対に死にたくなかったツトムが死なずに89階層まで攻略できたのはディニエルのおかげってのはあると思うよ?特に70階層はハンナとダリルのタンク2人がやらかしてかなり危なかったが、ツトムの窮地をディニエルに助けて貰ったのは大きかったと思う。

  • 匿名 より: 2024/01/19(金) 4:22 AM

    それはPTだから当たり前では?

  • 匿名 より: 2024/01/24(水) 6:26 PM

    まだエイミーがバッファー双剣のままになってる…

コメントを書く