115

 

 シルバービーストのアタッカー枠について確認を済ませ、隠し階層の宝箱から出る装備を捜して納品して欲しいと中堅PTに依頼して回った翌日。


「それじゃ、いってきまーす!」
「いってらー」
「師匠! 早く追いついてくるっすよ!」
「井の中の蛙、頑張れよ」
「……?」


 今日から新たなPTで探索するということで、コリナ、ガルム、ハンナ、エイミー、リーレイアの五人は朝食後にギルドへと向かっていった。努たちは午後には決まるシルバービーストのアタッカー枠が確定するまで待機なので、彼はそんな五人を見送った。

 それと入れ違いで長女を保育園に送りクランハウスに出勤してきたらしいゼノは、扉を挟んでも良く聞こえる声色で五人と軽く話していた。そして玄関を開けて努を目にするとキザっぽい笑みをこれでもかと浮かべた。


「おはよう! 今日もいい朝だね!」
「おはよう。今日も元気だね」
「ベイビーには負けるがね!」


 まだ生後数ヶ月である次女の世話で睡眠が途切れ途切れになり頭が重いことをおくびにも出さず、ゼノは軽やかに靴を脱いで揃えると滑るようにリビングへと向かった。それからオーリや見習いの女性にも歌うように挨拶し、コーヒーを恭しく受け取る。

 そして努がいそいそと刻印をしている最中、新聞を見ていたゼノはとある記事が目に入り顔を上げた。


「シルバービーストのアタッカー枠には、どうやらロレーナ君も参加しているようだね? 曰く、無限の輪を最前線まで引っ張るのだとか」
「馬鹿でしょ。まぁ、わざわざ注目集めしてくれてるんだろうけど」
「しかしこの記事によると、彼女はクジ引きでなく精密な実力での選定を希望していたそうだが?」
「本当の馬鹿だった」


 ゼノから聞いたその話を努は即座に切り捨てたものの、彼女の意図に理解は示しているようだった。

 元々シルバービーストとはダンジョン内でミシルから救援要請を受けた時に繋がり、白魔導士の地位復権のために努がロレーナを育成したところから関わり始めるようになった。そして光と闇階層での宝箱マラソンで同盟を組んでからはより密接な関係となった。

 しかし努は迷宮都市から三年も姿を消し、その間はガルムが引き継ぐ形でシルバービーストとの同盟関係も維持してきた。ただその関係は狂犬のガルムとして広く顔が知られ、同じ獣人である彼のおかげもあってかより交流も盛んだった。

 つまるところシルバービーストの中でも直接関わりのあった者たちは努を評価しているものの、その他大勢からすれば神台で見たことあるなんか凄そうな人程度の認識だ。そして関係が良好だったガルムをクランリーダーから退陣させた奴とも見える。

 だからこそクランで影響力のあるロレーナが努と率先して組みたいと口にすることで、アタッカー陣に興味を持たせようとしているのだろう。もしくは単純な善意の暴走か。


「白魔導士と言えば真っ先に名の挙がる二人に、ユニス君も未だにゼノ工房で貢献してくれている。つくづく弟子たちには愛されているようだね?」
「プレッシャーが凄くて嫌になるよ。特にステファニーとは立ち回りも似てるし、負けてる言い訳もできない」


 ロレーナ相手ならばそもそも立ち回りが違うなんて言い訳もできるが、ステファニーは努と同様にあくまで支援回復を重視しつつ、時には進化ジョブの遠距離アタッカーとしても活躍する白魔導士の王道だ。

 少なくとも現状では刻印士を絡めなければ勝てる要素がない。そんな彼女に単純な白魔導士としての実力で勝たなければディニエルが戻ってこないというのは、結構な無理難題である。


「そのためにもさっさと160階層突破したいところだけど、シルビ枠で誰が来るのか決まらないことにはね。無難なのはソニアかマデリンだろうけど、ゼノから見た二人の評価はどう?」
「どちらも甲乙つけがたいが……」


 ゼノは悩まし気に女性ぐらい気を遣っていそうな銀髪を指先で弄った後、マジックバッグから妻の書いた探索者ファイルを取り出した。そしてその中から二枚を選んで努に手渡す。


「大枠で言えば万能型はソニア君。特化型はマデリン君といったところだね。私としてはこのPTならマデリン君の方が向いていると思う」
「確かに、どちらかと言えば火力欲しいところではあるしね」
「ツトム君、ダリル、そしてこの私! はある程度立ち回りの幅が広いからね! アタッカー陣は一癖ある方が丁度良いかもしれない」


 マデリンは遠距離アタッカー枠ではあるが、呪い属性の鉈両手に戦うことで多少名の知れている呪術師だ。進化ジョブは呪いを付与する代わりに強力なバフを付与する、ハイリスクハイリターンのバッファーになる。

 その呪いバフを身に纏い驚異的な火力を叩き出す彼女は何処となくアーミラと似通った性能のため、龍化結びとのシナジーも高そうだ。それに元々はジョブが遠距離アタッカー向きということもあるので、後方援護も可能である。


「でも無限の輪のPTと一番組んでたのはソニアか。支援回復しか出来なさそうならいらないけど、資料見る限りそういうわけでもなさそうだし」


 立ち回りの広さで言えばガルム、リーレイア、コリナも練度が高いので、その中でも腐ることなくPTと連携が取れているソニアは器用貧乏というわけではなさそうだ。

 白魔導士といえばレイズ、黒魔導士ならメテオなど、各ジョブには明確に強いスキルが存在する。ただ灰魔導士は各ジョブのスキルを満遍なく使える分、切り札といえるスキルがない。それにステータス値も満遍なく割り振られているので、火力不足、回復力不足に陥りやすい。


「ある意味ではツトム君と似ていると言っても過言ではないね。ソニア君がいるとPTが纏まるし、連携も円滑になることが多い。特にガルムを活かすのが上手いね」
「なるほどね」
「まぁ、ガルム君ならツトムの方が良いと言いそうなものだが」
(IGLが上手いっぽい? 俺が俺がなアタッカーばっかな中では珍しいな。中途半端な立ち位置の灰魔導士ってことが大きいんだろうけど)


 それでもソニアがシルバービーストの一軍や無限の輪のアタッカー枠に選ばれるのは、PT全体の力を上げることが出来るからだとピコの資料には記されていた。それは奇しくも自身と共通している部分なので、努としては彼女も気になってはいた。


「これで午後からロレーナがドヤ顔で出勤してきたらどうしようか」
「それはそれで面白そうではあるが、翌日には再抽選だろうね。シルバービーストは160階層の突破候補でもある。そう遊んでもいられないだろう?」
「だろうね。少なくとも160階層突破までは固定PT組みたいし」


 くじ当たっちゃいました、とかいって午後から兎が現れないように努は祈りながらも、努は本日納品予定の刻印装備を仕上げた。ただ今日は思いのほか眠気が来ていたからかその後は作業を中断し、そのままリビングのソファーですぅすぅと寝息を立てた。


 ――▽▽――


「よっ」
「嘘だろ、お前」


 まだ若干眠たげだった努は午後から本当にクランハウスへと訪ねてきたロレーナを見て思わず引いていたが、そんな彼女の後ろにいるねずみ人を確認して少し安堵した。

 そして背丈はユニス以上リーレイア以下なソニアが前に出ようとしたところを、長い耳を含めるとかなり大きい彼女が庇うように止めた。


「ツトムはソニアと初対面でしょ? それにダリルとアーミラともあんまり面識ないし、ゼノだけに任せるのもどうかと思ってね。こうして直々に私が来てあげたってわけですよ」
「……はぁ。あたしは過保護って何度も言ったんだけど、まるで聞かなくってね。ていうか、単純にロレーナがツトムさんと会いたかっただけじゃない? 人をダシにして」
「黙らっしゃい!」


 呆れたように丸々とした目を細めているソニアをロレーナは叱りつけていたが、彼女からすれば残念なお姉さんという認識なのかまるで効果がなさそうだった。


「どうも、初めまして。お噂はクランメンバーから伺っております。今回はアタッカー枠としてPTに参加してくれるとのことで、光栄です」
「あ、いや、これはご丁寧にどうも」


 努からの期待を込められた挨拶にソニアは少し呆気に取られていたが、その後ロレーナを指差して気まずそうに苦笑いした。


「でも今回はこれが当たりくじ引いちゃって、ミシルに怒られて辞退して、そこからマデリンも辞退からのあたしなんで」
「別に私が入ってもいいんですけどね! ユニスとも組んでたんだし!」
「ステファニーから逃げるな」
「神のダンジョンに骨を埋める気はないですよ。……おいそれと負けるつもりもありませんけど!」


 雑魚乙と言わんばかりな努の視線にロレーナは食って掛かるように返した後、ソニアのうちわみたいな灰色の耳をくしゃりと握った。


「ソニア、これに毒されないようにね。あと初めは優しくても後々はこうなるから油断しないように」
「はいはい。うちで腐るほど聞いたしもういいよ」
「お帰りはあちらですよ、ロレーナさん」
「私は今日休日だからこのまま残ってもいいんだが!? せっかくだしお昼ご馳走になろうかな!!」


 昼ご飯の準備をしていることを匂いで察知したロレーナはそう言ってずかずかと入っていき、オーリに挨拶してリビングで準備された料理を褒めちぎり始めた。典型的なクレクレちゃんムーブにソニアと努の二人がうんざりしたような顔をしていると、ゼノが二階から降りてきた。


「おや、ロレーナ君。新メンバーの付き添いかい?」
「ソニアの付き添いでーす。ついでにガルムとも話したかったんだけどなー。ねー、ソニアー?」
「うざいって」
「それにツトムにも物申したいことあるんでしょ? ガルムのことでさ」
「え、そうなんですか?」


 そんなロレーナの言葉に努は冗談めいた笑みを浮かべながらソニアに視線を向ける。それに彼女はぎょっとした顔のまま細長い尻尾をバネのように上下させた。


「……あいつ、本当にデリカシーってものがなくて困るんですよね。そう思いません?」
「何というか、たまに距離感の詰め方がおかしいところはありますね」
「あ、それありますね。ファンの人もそれで困惑してること多いです」
「おーい。人をダシにして喋るんじゃないぞー」


 しかしそんな共通の話題のおかげで会話の取っ掛かりができたので、二人はむくれるロレーナをスルーしながら話を進める。


「それで、ガルムのことっていうのは?」
「……やー、そんなに大した話じゃないんですよ。ちょっと嫉妬してただけっていうか」
「ガルムからツトム君の話を聞く機会は多かったからね。特に彼へ支援や指示をすることが多かったソニア君は、ね」


 パンを大きいナイフで切り分けながらウインクしてきたゼノに努は色々と察したような顔になりつつも、彼女に隣の席を勧めて座らせた。


「僕と比較されることが多かったってことですか?」
「それもありますけど……。気を悪くしたら申し訳ないんですけど、ツトムさん、ガルムに負担かけすぎかなーってのは思ってました」
「あー、なるほど。……ガルムにクランリーダー任せたこととか」
「ですね。確かに任せられる逸材ではありますけど、責任感が重いのが災いして凄い大変そうでした。それこそ潰れた時だってありましたし」
「それに関しては申し開きもございませんって感じですね。すみません」
「……いや、部外者のあたしが言うようなことじゃないし、あたしなんかに謝るようなことではないですよ。もうクラン内で解決もしてるみたいですし」


 ソニアからすると努はガルムにクランリーダーを押し付けて突然いなくなり、三年ぶりに帰ってきたかと思えばゼノ工房に頼って刻印士に転身した傍若無人の印象が強い。なのでそのイメージと一致しない彼の腰の低さには驚くばかりだった。

 ただその見かけや言葉は大人しくても行動自体はガルムに負担をかけていることに変わりはないので、彼女は続けて物申した。


「でも、スタンピードの時もガルムを残しましたし……かといってPTを組むわけでもなく護衛だけって。ガルムの厚意に甘えすぎている感じは否めません」
「……まぁ、ガルムは一番付き合いの長い友人ですからね。だからこそ多少は迷惑かけても大丈夫っていう甘えはあるかもしれません」
「……それと同じようなことをガルムも言ってましたけど、正直あまり納得出来ません。友人なんですよね?」
「んー、ゼノからすると僕の感覚はどう思う? それこそこの三年はガルムと無限の輪立て直してたんだし、もうそこそこの友人だと思うんだけど」


 努に話を振られてソニアからも意見を求めるような目線を向けられたゼノは、困ったように白がかった眉を曲げた。


「勿論、ソニア君の言うように限度はあるのだろうけどね。私としてはツトム君の言うこともわかるよ。気の置けない友人には何かと頼りやすいものではある」
「多分ガルムもそんな認識だとは思うんだけどね。実はソニアさんに愚痴ってたりとかあります?」
「たまにありますけど、軽い感じだったので大丈夫です」
「なるほど。じゃあ僕も軽い感じのでいうと……」


 それから努はガルムの私生活について軽く話してソニアの気を引きつつ、これからPTを組む彼女との交流を図った。


「あ、戻ったんだ。オルファンどうしたの?」
「えっと……」


 そしてロレーナは二階から降りてきたダリルに再びデリカシーのない一声を発し、彼を困らせていた。

 コメント
  • 匿名 より: 2022/07/07(木) 1:16 PM

    新話楽しみにしてる人は17時待機でここが考察云々で荒れてたなんて知らんだろうしまた1からだと思うよw
    これで仮に更新遅れたらあーだこーだ言うのしれっと湧くだろうし、適当に流すしかないよ

  • 匿名 より: 2022/07/07(木) 1:19 PM

    他人の意見考察が仮にあってたとして、残念だってまずならないなぁ。
    こんな考えあるんだーとかこいつの考察あってる、伏線読みやるやんくらいしか思わん。
    他人のこと気にしすぎ、真に受けすぎ、先の展開考えなさすぎなだけじゃないん?

  • 匿名 より: 2022/07/07(木) 1:23 PM

    作者が消せばいいに作者も苦笑い!

  • 匿名 より: 2022/07/07(木) 1:24 PM

    urlを貼るとかあまりやりたくないけど、、、
    頼むから、ヨソでやるようなことは絶対にやめてくれ
    ttps://togetter.com/li/1500559
    ttps://togetter.com/li/1370084

  • 匿名 より: 2022/07/07(木) 1:25 PM

    議論するのもどうかと思うが、せめて誰かとやり取りするならコテハン付けるべき
    ややこしい。

  • 匿名 より: 2022/07/07(木) 1:27 PM

    読者コメまでしっかり読んでる人それなりに居るのか
    自分は本編読むついでに表示されてるコメに目を通すだけなんで、荒れたり論争になったりとか全く知らんし興味すら無いなぁ…

  • 匿名 より: 2022/07/07(木) 1:29 PM

    考察やめろの次はコテハン付けろって流れは流石に無粋すぎない?延々燃やしたいっていうならお好きにどうぞだけどさw

  • 匿名 より: 2022/07/07(木) 1:35 PM

    簡素な感想欄ですらレスバトル繰り広げて、Twitterでも読者様面で他人に突っかかるような奴
    作者がこう書いても自覚ないんだから無敵の人だよね
    普通にコメントしたい人でもこんな米欄みたら書き込みたくなくなるから今回米伸びてねえな

  • 匿名 より: 2022/07/07(木) 1:37 PM

    さっきまでライダンアニメ化とエイミーのスカートの中身に夢を膨らませていた純粋な君たちはどこへ行ったの?!思い出してっ!!

  • 匿名 より: 2022/07/07(木) 1:49 PM

    俺はぷりぷりしてツトムを威嚇するユニスのフィギュア、ツトムの顔面に耳を突き刺さんとするロレーナのアクションフィギュアがちょっと欲しいぜ。

コメントを書く