44

 

 百十階層を突破した翌日から無限の輪は休日だったので、クランメンバーたちは一緒に朝食を食べ終わると各々別行動を始めた。


「今度余裕がある時にでも顔を出すといい。……ロレーナも待ちかねているぞ?」
「余裕が出来たらね」
「もし肉体的な訓練が必要な時は――」
「今はその時じゃないかな」


 ガルムとリーレイアはシルバービーストの孤児たちに探索者としての指導を行ってくるようで、ダンジョンに行く時と変わらない装備を着込んでいた。その後ぶつぶつと何か言っているリーレイアと、それをしんなりとさせた犬耳で聞いているガルムを努は窓から見送った。

 ゼノは毎週の休みには家族と羽を伸ばしているようで、今日はランチにコリナの予約している店に行くためか彼女と軽く打ち合わせのような話をしていた。


「ツトム君もどうだい?」
「突然だし、今回は遠慮しとくよ。でも一度はピコさんにも挨拶したいし、コリナが目をつけてる店も気になるから……来週の休みから都合のいいところでよろしくお願いできる?」
「それなら任せてください」


 朝食を終えたばかりなのにもうランチのことで頭が一杯なのか、コリナは幸せ一杯に微笑みながら請け負った。もはや姉御と呼んでも遜色ない彼女の頼もしさに努もにっこりした。

 そしてゼノは週に何日かはクランハウスに泊まっている二歳の長女を連れて、自前の工房へと向かって行った。そんな長女はいってきますというように手を振り、ハンナとコリナは窓に張り付きながらにっこにこで、努はその隙間から片手で返した。


(子供、案外可愛いもんだな)


 今まで子供と実際に触れる機会なんてなかった努は素朴なことを思いつつ、夜なべでの刻印によって凝った身体をほぐすように首や肩を回す。するとそんな様子を見ていたハンナに凝りを取るいい方法があると言われ、クランハウスの庭へと連れ出された。


「まずは握り拳を作って、ぐーっと力を入れるっす。……はい、緩めていいっすよー。これを全身順番にやっていくっすからねー」
(いや、なんかこういうのテレビで見たことあるな。はい貴方は催眠状態に入りました! って言われて柔道みたいに引き倒されるやつ)


 オーリが欠かさず手入れしているからか感触は悪くない芝生に座りながらハンナの指示を聞いていた努は、うつらうつらとしながら途中で何度か寝落ちしていた。そのおかげか多少頭はすっきりしたが、意図したことではなかったのか彼女は不満げな顔をしていた。


「僕はこれから神台見てくるけど、ハンナも来ない?」
「あたしは魔石の選別するからいいっす」


 瞑想を真面目にしなかったせいか完全に拗ねた様子のハンナは、先日のスポッシャー戦で大分消費した水の魔石を補充するためにオーリの下へのっしのっしと歩いていった。どうも魔石の中でも品質が悪いものは使い物にならず、高い中でも合う合わないがあるので彼女にとって魔石の選別は大事な事ではあるようだ。


「コリナはどう? ランチまでの間でいいんだけど」
「……えーっと。私、リーレイアやガルムみたいな護衛は出来ませんよ?」
「んー、大丈夫じゃない? 別に誰かから明確に命まで狙われているわけじゃないし、あくまで念のためってだけだからね。ほら、対人戦は今でも苦手だからさ」
「まぁ、別にいいですけど。でもあまり期待しないで下さいね」


 内心でゴリナ呼ばわりしている努の思いはこの数日のちょっとした会話や仕草で若干伝わっていたのか、ボディラインの出にくい緩めの服装をしている彼女も少し不服そうにはしていた。だが自身の恰幅がこの三年で良くなってしまったことは自覚しているのか、頼もしい傭兵でも見るかのような努の視線に文句までは言わなかった。


「用心している相手は生産職関係ですか?」
「それもあるけど、オルファンっていう孤児団体が結構危ういと思ってるんだよね。僕に復讐したそうな元新聞記者もいるし、今ダリルに代わってリーダーしてる奴は確か、前に僕が元孤児上がりってことで因縁つけてきたりもしたからね」
「そうなんですか。でもあそこはダリルが実質的に抜けてからは、色々とボロが出て探索にも支障をきたしているってゼノから聞きましたよ」
「僕も知り合いから色々聞いてみたけど、概ね間違ってないみたいだね。まぁ、ダリルはお世辞抜きでよくやってたと思うよ」


 孤児の中で出てしまった犯罪者への処遇を巡っての判断を出来なかったダリルはみるみるうちに影響力を失ったものの、無限の輪を抜けてからオルファンという大人数の孤児団体を立ち上げて運営してきた彼の手腕――というよりはその人間性を努は評価していた。

 そもそも大所帯のクラン運営など、想像するだけで寒気がする。今も尚探索者やら生産職やら、一軍やら二軍やら、ミナを許す許さないで派閥争いをしているアルドレットクロウを見ればその運営がいかに大変であるかがわかる。

 ただあれでもまだ大手クランとして機能しているだけマシで、その他にアルドレットクロウの真似事をしようとして頓挫しているクランは数知れない。少なくとも金色の調べのように強烈なリーダーや、シルバービーストのようなクランメンバー全員の共通認識などがなければ在籍人数の多いクランは立ち行かない。

 それもオルファンはきちんと教育を受けていないような物事の判断能力が乏しい孤児ばかりで構成され、生きるためとはいえ元々犯罪を繰り返していた子供も多かった。だからこそ当時は元無限の輪という知名度だけで立ち上げられたものの、上手くいかず頓挫するだろうと言われていた。

 しかしダリルは元々無限の輪に在籍していた時から孤児院に欠かさず顔を出しては支援を惜しまなかったため、その誠実な人間性は思いのほか広まっていた。その誠実さを買って彼と取引や商談に臨む者は意外にも多かった。

 そしてダリルが信頼を置いている様子だったミルルも、元新聞記者というだけあってか元々のスペックは高い。そんな彼女が人と繋がれる信頼があり顔の広かったダリルを上手く利用することによってオルファンは何とか機能していた。

 だがそれはあくまでダリルとミルルに依存した組織に過ぎなかった。元々王都で軽犯罪を犯しながら生き延び、だからこそ暴力をも厭わないリキが大した判断能力のない孤児たちに祭り上げられてリーダーになった途端に、オルファンからは波が引いていくように関わる人々がいなくなっていった。

 そしてリキにはその信頼を結び直すような誠実さも、上に立つような器もなかった。そんなオルファンは今となってはまともな取引すらままならず、統制の取れていた孤児団体ではなく烏合の衆へと成り果てていた。

 それにダリルの手厚い支援と指導によってなまじ探索者としてのレベルが高いからこそ警備団からも厳しくマークされ、実際に捕まるようなことをしでかす輩も出始めていた。


「オルファンは完全に孤立無援でいずれは分散するだろうけど、力だけは持て余してる。そこに悪い大人が近寄ってくるのは当然だよね。特に金と知名度だけは持ってそうなアルドレットクロウの生産職辺りは、既に目をつけてるんじゃない?」
「……その可能性は高いですね。ツトムさん、刻印を止めろって言われても一切止めませんし、実際に圧力をかけられて周囲の流通を止められても自分で刻印階層に潜って素材採取できますしね。そうなるともう力づくで脅すってことになってもおかしくはないです」
「そうならないために色々手は打つつもりだけど、レベルの低い現状で単純に力押しされるのは苦しいからね。だからこそ人通りの少ない場所で単独行動は控えたい。上位の神台とかギルドなら安心なんだけど、下位の神台はどうしても人目が少ないからね」
「一応、聞いておきますけど、その、刻印を諦めるっていう選択肢は……」


 地雷原にでも足を踏み入れるかのような様子で聞いてきたコリナに、努は目を丸くした。


「勿論あるよ。例えば……もしオルファンに捕まって拷問にでもかけられそうになったらすんなり諦めるよ。別にそんな気を遣われるほど刻印に拘ってもいないし」
「…………」
「いや、信じてよ。ゼノから聞いてるだろうけど、別に刻印は大きな選択肢の一つに過ぎないし、失っても他の選択肢を捜すだけだよ。ただアルドレットクロウから一方的に圧力をかけられたぐらいで手放すほど軽いものでもないってだけだから」
「アルドレットクロウに圧力をかけられたら、普通の人はすぐ手放すんですけどね……」
「そう? ドーレンさんとかが鍛冶職人関連で圧力かけられたら命を賭してでも反抗しそうだし、他の生産職も同様だと思うけど。僕はそこまでじゃないよ」 
「うーん……」


 とはいえここまで成熟している探索者が突然生産職になろうとした事例はないし、そもそもそういった発想すら浮かばないコリナは努の行動を頭では理解しようとしても理解できなかった。

 その後も努は神台市場に向かいながら刻印のレベル上げや必要性について説明したものの、ドーレンなどと同様に一定の理解は示してくれたものの心からの理解を得られることはなかった。


(もう少しこの世界にも通用しやすい理論で説明した方がいいのかな? ネトゲじゃ常識だよ、で伝われば楽なんだけどな。コリナとの話し合いで理論武装しておきたい)


 元々鍛冶職人として働いてきたドーレンは固定概念があるからまだしも、王都出身で多少の教養は身につけているコリナを説得できないのは些かこちらの説明能力が足りないのかもしれない。努はどうすれば上手くサブジョブについて言語化できるかなと思い悩みながら、彼女との対話を続けた。

 その後、そろそろ反省したかなと言わんばかりの顔でクランハウスのリビングに帰ってきたハンナは、努がいないことを確認すると一度だけ地団太を踏んだ。

 コメント
  • 匿名 より: 2020/10/24(土) 6:48 PM

    元からユニスは支援に特化した所が在ったし
    フラッシュや攻撃スキルに依る
    擬似黒魔導師に成りそう
    まあ取りあえずPT組む組まない以前に無限の輪と行動するのは
    レオンと再開してからでしょうな
    避けタンク二人とアタッカー一人
    とか今の進化システム環境だと
    祈祷師の進化の条件が不明なため
    祈祷師はともかく白魔導師は下手をすれば活躍しずらい構成だなぁと思う

  • 720p より: 2020/12/20(日) 3:14 AM

    There is definately a great deal to learn about this subject. I love all of the points you have made. Malanie Hervey Kuster

  • yetiskin より: 2020/12/20(日) 6:18 AM

    Tremendous issues here. I am very happy to look your article. Ginevra Van Graehl

  • yabanci より: 2020/12/20(日) 8:03 AM

    Its not my first time to pay a quick visit this website, i am browsing this web page dailly and get fastidious information from here every day. Arlie Alvan Patrich

  • sikis izle より: 2020/12/20(日) 10:52 AM

    Some truly nice and useful info on this web site, also I think the style and design has good features. Laurianne Adham Freed

  • altyazili より: 2020/12/20(日) 1:17 PM

    There is certainly a lot to know about this issue. I like all of the points you have made. Florry Chip Zakaria

  • bedava より: 2020/12/23(水) 4:18 PM

    An impressive share! I have just forwarded this onto a coworker who was conducting a little research on this. Venita Conrado Grimaud

  • ucretsiz より: 2020/12/23(水) 7:56 PM

    Excellent post! We will be linking to this great post on our site. Keep up the great writing. Muffin Michele Gentilis

  • web-dl より: 2020/12/24(木) 1:38 PM

    There is certainly a lot to learn about this topic. I like all of the points you have made. Cassie Teddy Alix

コメントを書く