82

 

 結局努の記事全回収の目処こそ立ちはしなかったが、この数日で中堅の探索者たちは栓でも抜けたかのように怒涛の階層更新を果たしていった。

 引退はしていても神台だけは見ていた者はその異様な熱に浮かされ、知り合いの伝手からゼノ工房を訪れて復帰し既に成果まで上げている。そしてその熱狂は完全に引退して新聞くらいでしか知り得ないような者たちにまで届き、埃を被っていた武具が日の目を浴びようとしていた。


(神スナイプも一度までか)


 あの記事で努は対人戦が弱点とまではいかなくとも嫌がることであることは周知されたので、アルドレット工房もそこを突こうとオルファンを駆使して躍起になっていた。しかしギルドが更なる増築を検討するほど多い復帰者たちは大抵が孤高階層から141階層までで止まっていたので、オルファンが努たちPTと時間帯を合わせて潜ろうがそもそもの母数が多すぎて狙い撃ちができない。

 そして孤高階層でつまずくような者もいなかった努たちPTは大量の復帰勢がいる間に深淵階層へと潜り、オルファンと当たることもなくするすると攻略していった。


「オルファンは確か143が最高到達階層だったから、ここを越えれば手出しはされないかな」
「143階層を突破するには黒鎌を凌がなきゃいけないんですけど……」


 初めこそ不気味に思っていた頭蓋骨がびっしりと敷き詰められている床。それも143階層まで辿り着く頃には慣れてしまい平気な顔でその上を歩いている努に、クロアは落ち着かなさそうに黄土色の尻尾を振り回しながら投げかけた。

 真っ黒なカマキリのような見た目をした黒鎌というモンスターは、143階層からランダムに出現する即死持ちの中ボスである。不意に現れたかと思えば数人の命、それもヒーラーとアタッカーを狙って刈り取り忽然と姿を消してしまう。

 その対策としてはお団子レイズでヒーラーに保険をかけつつ不意打ちを食らわないように五人で陣形を組んで進んでいくしかないが、当然他の雑魚敵もわんさか湧いてくる。

 地に足をつけていれば骸骨床からスケルトン・ジェネラルの軍隊が不意打ちを仕掛けてくるし、フライで飛べば空中においては全ての攻撃がクリティカル判定となる能力を持つボーンスパイダーにタンクですら切り刻まれる。

 そもそも黒鎌が出る以前から全体的にクリティカル判定の範囲拡大や威力増大を持つモンスターが多い。他にもヒーラーが食らえば致命的な暗黙状態を付与してくるレイスに、間違った手順で倒してしまうと即座に発狂状態まで陥ってしまう深淵のメーメなど、単純な強さの他にも厄介なモンスターまでいる。

 だからこそ深淵階層はアタッカーやヒーラーがそういったモンスターに対処できるようにするためにも、ベテランRTA走者のようなタンクが必須だ。全てのモンスターの動きに精通し攻撃を全て避け切るか、馬鹿みたいに広いクリティカル判定を貰わず受け切れるタンクがいなければ話にならない。

 だが刻印装備で対策すれば限界まで突き詰めたようなタンクの実力など不必要だ。刻印士のレベル50から覚える即死半減とクリティカルダメージの減少。それに加えて精霊の加護まであれば対策としては十分だ。

 精霊の加護は一定の確率でモンスターから受けるダメージを軽減するもので、即死に対しても有効だ。基本的にその三つの刻印があれば問題なく、四つ目はその人に合わせて発狂値減退、暗黙無効、VIT強化などから好みのものを付ければオルファンのタンクですら150階層まで渡り歩けるだろう。


「……あたしには意味ないんじゃないっすかね? どうせ当たったら死ぬっすけど」
「モンスターによってはそもそも攻撃するために殴っただけで即死、なんてこともあるからね。ハンナって深淵階層にそこまで精通してたっけ? レビモス、アングルマサ、深淵のメーメは知ってる?」
「はいはいあたしが悪かったっすよー馬鹿は黙って師匠の趣味に付き合うっすー」


 教会服を動きやすくカジュアルにしたような恰好をしていたハンナは、膨れっ面のまま視線を逸らしてストレス解消でもするように魔石を手で砕いた。


「……まぁ、この装備が一番仕入れやすいのですから仕方ないのです。それに刻印も含めたら現状では最高峰の装備だと思うのですよ」
「既製品のままだと流石に動きにくかったけど、ゼノ工房でリメイクしてくれたおかげで楽だしねー」
「私は暑苦しくてしょうがないのですが」


 139階層の宝箱からドロップする教会服はゼノ工房によって各々の体形に合わせつつ、近接戦をこなすエイミーやクロアは動きやすいようにばっさりと切られてリメイクされている。逆に動きの少ないユニスはより装備自体の能力を引き出すために地面につきそうなほど長いローブに、司祭のような宝冠まで被っていた。


「それにしても防具に刻印6はズルくないです? それに杖まで5だと、合計11なのです」
「今まで合計4刻印程度で攻略してたのが馬鹿すぎるだけじゃない? そりゃあ、アルドレットクロウの中でも才能ある人とか、ユニークスキルてんこ盛りの紅魔団しか上がれないわけだよ」
「……でも刻印6はハンナに装備させた方が良さげじゃないのです?」
「ハンナなら多少装備が劣ってても実力はあるし大丈夫でしょ?」
「ま、大丈夫っすね」
「ほら」
「馬鹿丸出しなのです……」
「ゆ、ユニス? 流石に冗談っすよ?」


 ユニスは宝冠から飛び出している狐耳を萎びさせながら、若干誇らしげにしているハンナにため息をつくばかりだった。そんな反応は流石に心外だったのか彼女はそう弁明していたが聞く耳を持たれていない。


「他の人たちの配信見る限り黒鎌にそこまで手こずってるわけでもなかったし、特に問題はなさそうかな。深淵階層の経験豊富なクロアもいるし」
「いやいや。……でも実際、そうなんでしょうね。以前に臨時でPTに入ったクランも昨日突破してたみたいですし、前の同期たちも色めきだってますよ。刻印装備さえあればって」
「知らない同期が増えて大変そうだね」


 宝くじが当たった途端に親戚が増えたような心境であろうクロアは、努の慰めに曖昧な笑みを返した。


「いくら刻印装備が強くても、孤高階層も越えられないような人が初見で深淵階層を突破できるとは思えないですけどね」
「でも刻印装備があれば孤高階層も突破しやすくはなるだろうし、その人たちが深淵階層に来るのも時間の問題かもね」
「……げんなりしそうです」
「その間に僕たちは天空階層のいいところまではいくだろうけど。結局は階層数自体が変わるだけで、その構造自体は変わらないと思うよ、昔は爛れ古龍を越えられない大手クランもいたみたいだし」
「やかましいのです」


 ハンナとあれこれ言い合いながら努の何気ない皮肉すら聞き逃さなかったユニスに、クロアは感慨深げに息をついた。


 ――▽▽――


「あいつ、こんな顔もできるんだな」


 当日はひっそりと腕章をつけて135階層のイベントに参加していたアーミラは、翌日の朝刊に出た努の一面記事を見て意外そうに呟いた。

 そんな彼女と同じく潜っていたダリルとしても、その意見には心底同意していた。どんな時でも冷静さを崩さない彼ならば、アルドレット工房とオルファンが敵に回ろうが何てことなさげに対処する。その結果自体はダリルの想像通りだった。

 実際に135階層以降でオルファンは努と戦うための場にすら立たせてもらえていない。他の中堅クランに追いつけ追い越せの勢いで階層更新をしている努たちPTに、刻印装備を導入できていないオルファンでは追いつけない。

 アルドレット工房にもゼノ工房には及ばずとも刻印装備自体はあるようだが、既にオルファンとの関係は切ったのか自分たちのクランに優先して供給し、深淵階層を攻略しようとしている。

 つまりもうアルドレット工房と努の格付けは済んだということだ。135階層でアルドレットクロウのリーダーであるロイドと交渉したこともあるのだろうが、アルドレット工房の方針は一転して努の後追いをする形となった。

 二重スパイの役割を果たしてくれたミルルのおかげで、オルファンは露骨なトカゲの尻尾切りにはされなかった。とはいえアルドレット工房からの支援も打ち切られて落ち目の時期に入ったことは確かで、一発逆転に賭けるような行動をする可能性は高い。

 そして恐らく努はそれすら加味して対策を講じているだろうし、今更自分が出張ったところで足手纏いにすら成り得るだろう。


(ツトムさんにこれ以上押し付けちゃいけない。僕が終わらせないと)


 しかし結果として努はアルドレット工房とオルファンすら退かせたが、その過程で彼がやりたくなかったであろうことを押し付けてしまった。過剰なほど取られている努とモイとの戦闘写真を見れば、それは誰でもわかることだ。

 今思い返せば無限の輪での模擬戦でも何処か一線を引いていたし、争いを好まない傾向はあった。それは彼の賢さ故かとダリルは思っていたが、それだけではなかった。

 それこそ神の子なのではないかと噂されるほどに努は完璧な存在だと思い込んでいた。下らない絵空事だ。彼だって一人の人間であるに決まっている。何年も同じクランに在籍していたのに、そんなことも理解していなかった。


「少しはマシな面になったみてぇだが、信用はできねぇな。本当にお前が止められんのか?」
「……それでも、ツトムさんに任せるわけには絶対にいかない。でももし僕がしくじったら、アーミラに任せることになるかもしれない」
「俺からすりゃ、ただの糞餓鬼共だしな。もしお前が止めてくれと泣き喚こうが代わりにぶった斬ってやるよ。全員残らずな」
「…………」


 最後こそ嫌な別れ方になってはしまったが、ダリルからすれば三年前から手塩をかけて育ててきた教え子たちであることに変わりはない。どれだけ追い詰めたところで最後の一手を情でしくじる可能性もあるだろう。

 無限の輪へ帰るためにわかりやすい手柄を立てるということもあるだろうが、それを見越して来てくれたであろうアーミラにダリルは感謝した。しかし彼女はあくまで保険だ。自分で決着をつけるに越したことはないし、任せるつもりもない。


「……そういえばそれ、ツトムさんが刻印してくれた武器だよね?」
「そうだけど」
「当日は他の武器にしてくれた方が助かるかも。何だかツトムさんに悪い気がする」
「別に関係ねぇだろ?」
「ツトムさんに嫌われたいならそのままでもいいだろうけど」
「…………」


 そんなダリルの言葉にアーミラは大剣を見つめた後、下らなそうに鼻を鳴らした。

 コメント
  • 匿名 より: 2021/09/29(水) 1:30 PM

    >暗黙効果って暗闇+沈黙ですかね?
     
    そうです。

  • 匿名 より: 2021/09/30(木) 10:04 AM

    努やユニークスキル所持者が精霊に好かれてるのってダンジョン(神)が好意を持ってるからだと解釈してるなー
    前コメにも書かれていたけど精霊は神の眷属ってのは同意見で、ユニークスキル所持者は神に贔屓されるほど好意的(興味ある)な存在で、努は異世界から喚ぶ程好かれてる(期待された)存在って感じ
    精霊からの友好度も努>ユニークスキルって構成も個人的には納得してる

  • 匿名 より: 2021/09/30(木) 1:19 PM

    お団子レイズが未だに人権持ってたようなんだけど、
    以前白魔道士の限界突破でリレイズがあるって言われてませんでしたっけ。
    レベル180以上とかなのかな

  • 匿名 より: 2021/09/30(木) 1:33 PM

    進化ジョブのスキルは増えそうだけど、元のジョブのスキルは増えるのかなぁ
    精霊術師みたいに元のジョブの延長線上みたいなジョブもあるし、元のジョブのスキルは据え置きな気はする
    白魔道士の進化ジョブはレイズすら使えないからリレイズはなさそう
    ゲームの頃と100レベル以降の仕様変わってるみたいだからリレイズがなくてもおかしくはない

  • 匿名 より: 2021/09/30(木) 3:59 PM

    知ってる裏ダンとかボスじゃない上に、転職の代わりに進化ジョブあるからベース一緒だけど別ゲーというか同タイトルの2みたいな

  • 匿名 より: 2021/10/15(金) 2:48 PM

    本番は300階層からって話
    …な気がしてくるな…
    あくまで200階層全体が
    刻印の練習階層とかは有りそう
    特にモンスターのスキル使用とか
    新要素もてんこ盛りなのに
    コレで終わりは無理が在る
    全能力がカンストした300階と
    三百の下地コミの400廃人階層は
    存在してそう

コメントを書く