86

 

「どうも」


 モイの手足から結構な血が流れていたせいか、野犬のような顔つきの浮浪者から受け取った緑色の杖は嫌になるほどベタついていた。努の張り付けていたような愛想笑いが欠けそうになる。

 その先には人の手足と自分が刻印を施した純白の大剣が無造作に落ちていて、瀕死の孤児たちが何人も見える。気持ちが悪い。人の四肢を斬り落とすことを厭わない探索者の価値観も、動けない少女の装備にすら集れる人間性すら失った者たちも。

 だがこれがこの世界の常識だ。別の世界からお邪魔している立場の自分がどうこう言っても変わるわけがないので、それに順応しなければならないだろう。だからこそ135階層では自分の中の一線を越えた。


「あの、帰ってもらえます?」


 この浮浪者たちも別に好き好んでモイの装備を奪っているわけではないだろう。それこそ自分だって明日の飯もないような状況に陥ってしまったのなら、金品を身に着けた動けない少女がいたら襲ってしまうかもしれない。

 そんな理論を並び立てて何とか表情と言葉を取り繕った努に、浮浪者たちはおずおずといった様子で離れていく。

 そして事が終わるのを待つかのように遠巻きで待機し始めたのを見た努は、顔をわなつかせて緑色の杖を振るった。


「エアブレイドッ」


 巨大な風の刃は浮浪者たちの真上にある廃墟を削り取る。頭上からの轟音と風圧に頭を押さえて驚いている者たちに努は血濡れた杖を再度向ける。もううんざりだった。


「消えろぉ!! 今すぐ!!」


 その怒号と杖を向けての脅しで浮浪者たちは蜘蛛の子を散らすように逃げていった。そんな彼の剣幕にガルムは目を丸くし、アーミラはぞくぞくしたような顔で煙草を片手に振り返る。


「はっ。ディニエルに撃たれた時にも、そんな風に怒ってたのか? 嬉しいぜ。俺は直接見てなかったからな」
「…………」


 ミルルから献身的な治療を受けて起き上がれるくらいまで回復していたダリルは、彼女の言葉に複雑そうな表情を浮かべる。二人はその現場に立ち会うこともなく、後日そのことを告げられたに過ぎなかったからだ。

 そんな二人を見て努は落ち着きを取り戻そうと深いため息をつき、ガルムの隣で歩みを止めた。135階層での出来事を未だに消化しきれていなかった故の爆発。それを自分の刻印した大剣で孤児を斬ったであろうアーミラにも向けたくなりはしたが、彼女の言葉を聞いていたダリルの顔を見て少し冷静になった。


「……二人だけ突然放り出した形になったことについては、悪かったと思ってるよ」
「三年前のことを今更謝られてもな。どうでもいいわ」
「どうでもいいと本当に思ってるなら、わざわざ話題にも出さないと思うけど?」
「……減らず口は相変わらずか。俺はさっきの方が好みだぜ」
「そっちも相変わらず暴力的みたいだけど、探索者から警備団に転職でもしたのか? やり口がらしくもなく陰険だけど」


 血に濡れた手で口を押さえて声にならない叫び声を上げている少女たちを見るに、舌を斬って口封じでもしたのだろう。対探索者を想定している警備団のようなやり口で無力化されている孤児たちを眺めてそう投げかけた努に、彼女はつまらなそうに鼻を鳴らす。


「警備団ならもっとえげつねぇ手を使うだろうよ。ギルドの門番も最近は大変なんだ。俺も大人になったんだよ。まだ甘ったれでうじうじしてるあいつとは違ってな」
「こんなに散らかしておいて何が大人だよ」


 努が地面に落ちていた血だらけのナイフをアーミラの方に蹴飛ばして滑らせると、彼女は不思議そうに首を傾げながらそれを足で止めた。そして何とか這いずって逃げようとしていたリキが目に入り、思いついたように大剣を手に持つ。


「おい。まだ途中だから逃げんじゃねぇよ。まだ一本ずつ残ってる、よなぁ!?」
「ひぃぃぃっ」
「止めろっ!!」
「……あ?」


 リキに向かって大剣を振り上げたアーミラに向かって努が叫ぶと、彼女は不愉快げに眉を上げた。そして大剣を手放し距離を詰めて努の胸倉を掴んだところで、ガルムに半身を入れられて静止させられる。

 ただガルムも彼女に害意がないことはわかっていたのか、あくまで軽く止めただけだった。そしてアーミラは努を安心させるようにその表情を緩めると、リキに会話を聞かれないよう顔を寄せて小声で囁く。


「脅し役は俺がやる。お前はそのまま庇っときゃいい」


 したり顔でそんなことをのたまう彼女の意図こそ伝わりはした。要するに良い警官と悪い警官のようなものだろう。あまりに粗暴な彼女を止めればリキたちは恩義を感じるだろうし、それでいてここまで残虐なことができる彼女と関係がある自分に仕返ししようとも思わない。


「は……?」


 だがそんなものは余計なお世話にも程があるし、自分の価値観とかけ離れすぎている。そんなアーミラの胸倉を掴んで押し返すように顔の距離を離すと、彼女は困惑したように眉を曲げた。


「……何だよ? ……あぁ、もしかしてダリルと戦ったことにでも怒ってんのか? お前は知らねぇだろうが、そもそもオルファンの排除はあいつが提案したことだ。俺はそれの尻拭いをしてるだけだぜ?」
「オルファンをこんな風に排除しろと、僕はアーミラに頼んだか? ダリルから頼まれたとも思えない。何してるんだ? お前」
「……お前こそ、あんな顔新聞で晒しといてよく言うぜ」


 どうも得心がいかない顔で見当違いな反論をしてくるアーミラ。その姿は努からすると純粋すぎる子供に見えた。大人が虫を嫌いと言うから足や羽をもいでその成果をこれ見よがしに見せてくる、浅い良心を持った子供。

 正直言って気持ちが悪いにも程がある。強烈な嫌悪感。これが135階層の自分を思いやっての行動だというのなら、勘違いも甚だしい。先ほどの浮浪者たちと同じように強く拒絶してやれば自分の間違いに気付くだろうか。


(……子供だったのは、僕もだろ)


 だが主観を勝手に押し付けている今の彼女と同じようなことを、以前の自分もしていた。数年の時を過ごしたクランメンバーたちへ何も言わずに遺産だけ残して消えようとしていたこと。

 それは二度とこの世界に戻ってこれないと考えた上での独断だったが、今振り返ってみれば逃げの自己満足でしかなかった。故郷に帰りたいことを説明して話し合えば決裂こそあっても、ここまで拗れることはなかっただろう。

 そんな自身の経験があったからこそ、努からすれば嫌悪感が湧くほどの凄惨さを見せつけられても冷静になって対話することができた。


「……僕のことを考えて動いてくれたこと自体は嬉しいけど、あんな顔晒してた奴が今の状況を見てどう思ってるかは想像できるだろ」
「…………」


 その言葉を聞いて考え込むように視線を落としていた彼女の胸倉から手を離し、訴えかけるように両肩を掴む。


「僕はこんなことをさせるために刻印装備を贈ったわけじゃない。神のダンジョンを攻略するためだ」
「……んだよ、それ。別に俺は、そんな……」


 それでようやく察しがついたのか、アーミラは気まずさを紛らわすように震える手で煙草を取り出そうとポケットを漁る。そんな彼女を生暖かい目で見ながら努は表情を緩めて提案する。


「だから、今度からは軽くでいいから事前に話してくれ。オルファンについてはこっちで穏便に対処できる算段はあったし、その中でアーミラが協力してくれるなら助かったと思う。……まぁ、あの時に黙って帰った僕が言うのもなんだけど」
「……そりゃ、そうだ。……くそ。黙って消えやがって、馬鹿が」


 吐き捨てた煙草を踏み消して呟いた彼女は力なく努の胸に頭突きしようとしたが、事前に張ってあったバリアがそれを防いだ。


「…………」


 開かない自動ドアにぶつかったようにでこを押さえて見上げてくるアーミラに、努は目で謝りながら落ち着くように手で諭した。

 それからささやかな攻防こそあったが、バリアが割れるまでには至らなかった。そして努はミルルの手によって回復していたダリルの方に目を向ける。


「ダリル」


 感情を露わにしてアーミラと話していた努を見て目を見開いていたダリル。そんな彼に武器を収めたガルムは前に出て声をかけていた。それから何かを言おうとしたが口を噤んで犬耳は萎れ、発する言葉を模索するように藍色の尻尾が渦巻く。

 あまりにも沈黙が長かったのでその隣から様子を窺うように顔を出してみたが、どうもガルムから話したそうだったので努は引っ込んだ。すると彼は不甲斐なさげに頭を掻いた後、改めてダリルに向き直る。


「ミルルから事情は聞いた。だがお前の口から直接聞かなければと、私は思う。オルファンのことも、これからどうしたいのかも」
「…………」
「飯でも、どうだ。久しぶりにダディの焼いたステーキを食いたい。ツトムも連れてな」


 随分と昔のことのように感じる三人での思い出。今ではシェルクラブも早々食べられるものではなくなったし、店自体も大分変わっている。


「……もう今じゃ、人気で予約も取れないですよ」
「コリナが計らってくれている。二週間後だ。空けておけ」
「……はい」


 有無を言わさぬようなガルムの言葉に、ダリルは俯きながら答えた。そんな二人を見て努はおどけたように呟く。


「……二週間後、空いてたっけな」
「…………」
「物凄い目つき。ほら、刻印装備の納品があるからさ」
「空けておけ」
「わかってるよ。それじゃ、本格的に治していきますかー。アーミラー、煙草吸ってないで運んでこーい」


 既に応急処置は済ませているのでそこまで痛みはしていないものの、未だに重傷な者が多い孤児たちを見回した努は本格的な治療を開始した。

 

 コメント
  • 匿名 より: 2021/11/13(土) 10:08 AM

    アーミラ良キャラだよなー

  • 匿名 より: 2021/11/15(月) 3:19 AM

    備忘録システム

  • 匿名 より: 2021/11/15(月) 9:28 PM

    アーミラ可愛い

  • 匿名 より: 2021/11/16(火) 3:53 PM

    バリアか塩対応でかならず阻止されるラブコメさんウケる

  • 匿名 より: 2021/11/17(水) 11:57 AM

    軽率にラブコメらないところほんと好き
    他作品だとちょいちょい挟まれるのが普通だし、まあそっちはそれも醍醐味なんだろうけど

  • 匿名 より: 2021/11/19(金) 7:46 AM

    ちょいちょいバリアで流れぶった斬るのが…笑

  • 匿名 より: 2021/11/20(土) 2:36 PM

    ダリルは単純に甘ったれ。ツトムは日本の価値観のせいでまだまだ甘い。この異世界においてはアーミラの価値観・考えが一番正しいんだよな。
    アーミラも大人になったわ。

  • 匿名 より: 2021/11/20(土) 3:09 PM

    ツトムの行動は最初から一貫してるけど、そもそもその行動自体が(ライダンという)異世界においては間違っているのでは?
    ただ、ツトムはその事に自覚を持ちながらも自分の価値観を大事にしている・自分の価値観に則した行動をしていて。ツトムの仲間たちも、そんなツトムの価値観を無闇に否定せず、何故ツトムがそう考えているのか?をちゃんと考えてくれる。そしてツトムも異世界の価値観をツトムなりに理解しよう・受け入れようと、もがいている。
    良い物語です。

  • 匿名 より: 2021/11/28(日) 7:43 AM

    バリア…お前…w

  • 匿名 より: 2021/11/28(日) 8:06 AM

    >大人が虫を嫌いと言うから足や羽をもいでその成果をこれ見よがしに見せてくる、浅い良心を持った子供。

     この言葉が刺さる。その後のやり取りも好きだ。
    独善的な思考の自分には出来ない発想です。
     あまりコメントを書き込んでいませんが、なろうでの更新がなくなっても、このHPに読みに来るくらいにはライブダンジョンが好きです。応援してます。

コメントを書く