新通貨の試み

 

 その後第九の守護者を下して最終調整を終えて努たちがギルドへ昼休憩に帰ってきた時、二番台に映る無限の輪の一軍は160階層の終盤戦に差し掛かろうとしていた。


「休憩時間終わってもあの神台が終わるまでは見ていこうか。上振れてそうだし」


 終盤戦に入る時点でコリナとハンナは満身創痍になっていることがほとんどだが、今回はハンナの上振れにウルフォディアのデレも重なったのか二人の消耗具合はマシな部類だった。その状況を神台から確認した努がそう提案すると、PTメンバーは各々了解した。


「……あー、外で席買って食おうか」
「ツトム。悪いが少し来てくれ」
「え?」


 それからはPTメンバーと神台を見ながら160階層について話し合いたかったので、混み合っているギルドを出て神台市場に向かおうとした。だが突如として現れたガルムにむんずと肩を掴まれ、容赦なく人混みに引き込まれた。


「……一先ず、私たちだけで外に出ていようか。あの二番台を見逃したくはないしね」
「だねー」
「……? まぁ、いいですけど」
「腹減った」


 もしかしたら突破するかもしれない期待感のある二番台とかれこれ付き合いの長いガルムの様子を見て、ゼノとソニアは努がしばらく帰ってこないことを察した。そしてハングリーな二人を連れて足早にギルドを出て、広々とした神台市場へと向かっていった。


「そこに座ってくれ」


 その一方でほぼ空席がなく立ち食いも発生しているギルド食堂にある4人席。そこに座っていたリーレイアは食い入るように二番台を見ていて、エイミーは努に気づくと隣の空席に手招いた。そしてガルムから手を離された努は、人込みを通って少し乱れた服を払いながら彼女の隣に座る。


「で、どうしたの?」
「ハンナたち、突破しそうですね」
「……まぁ、そうだね」


 神台をパッと見た努でもわかるくらいに順調具合は窺えるので、浄化された後から観戦しているであろう3人なら余計に理解していることだろう。

 ただそう呟いたリーレイアはそのまま言葉を続けるわけでもなく二番台に視線を向け始めたので、努はわけもわからぬまま忙しない給仕を呼び止めてオレンジジュースとサラダを注文した。

 そんな状況下でエイミーは間を取り繕うように、にゃーっと唸りながら上向いた。


「まぁさ、リーレイアも大人びてるとはいえまだまだ伸び盛りですから? それに最近は新しい精霊とも契約できて、剣技も相当キレてるし?」
「……心中お察しはするけど、ウルフォディアに関してはハンナに分があるでしょ」
「それでも、私にだってあそこに立つ資格くらいはありました」


 元々努が帰ってくるまではリーレイアが160階層で最後に残る内の一人であったし、その期間は数ヶ月もあった。しかしこのまま続けていても突破の可能性は薄いとリーレイア自身考えていたし、努の方針も相まってハンナにその座を譲った。

 その判断は正しい。だが自分と同じように長期間160階層に挑んで練度を高めていたディニエルは、努が流通させた型落ちの刻印装備が後押しする形でウルフォディアを撃破した。

 そんな攻略映像を見ていた最前線の探索者たちはウルフォディアを倒せるビジョンが明確に浮かび、それを実現しようと今も奮起している。

 突破候補としては紅魔団、シルバービーストとあるが、現状有力候補として浮かび上がっているのは無限の輪の一軍と、アルドレットクロウの二軍にいる帝都出身のカムラホムラ兄妹だ。

 そして今日、無限の輪の一軍がウルフォディアに王手をかけた形となった。つい数ヶ月前に魔流の拳の修行から帰ってきたハンナがだ。リーレイアの心境は複雑の一言に過ぎるだろう。


「はぁ……」
「シルバービーストと多少の入れ替わりこそあれ、天空階層は1年近く同じPTで潜っていたからな。落ち込むのも無理はない」
「突破しても素直に喜べないだろうし、失敗したらしたでそれを願った自分に自己嫌悪でも陥りそうだね」
「それもこれも、ツトムが呪寄の刻印装備を独占しなければ済んだ話なのですが」
「多分だけど、ディニエルとかと同じ条件で突破しない限り気持ちは晴れないと思うよ」
「…………」


 珍しくぐうの音も出さない様子からして、彼女は結構本気で落ち込んではいるようだった。とはいえメンタル爆発して失踪するほどではないだろうし、三年間同じPTだったガルムがいれば問題なさそうだ。


「で、本題は?」
「……先ほど一番台で発表されたのだが、迷宮都市で独自の通貨が発行されるそうだ。ギルドもそれに一枚嚙んでいるから、これからはGゴールドに置き換わりこの魔貨まかで魔石やドロップ品の取引が率先して行われるらしい」
「へー。独自通貨。なんかよくわかんないけど、凄そうだね」


 そう言ってガルムが机の上に置いたのは、無色魔石を加工して作られた通貨だった。低品質なためか白っぽい魔石がコインのような形に整えられているそれを努は手に取り、まじまじと眺めた。


 Gから置き換える理由としては王都の金鉱脈がそろそろ枯れかけ、通貨の供給が追い付かなくなるためらしい。そのため最近は探索者も増えて余り気味な屑魔石や小魔石を加工し、貨幣とすることで供給を満たすためだそうだ。

 ただそれだけが理由というわけでもないだろう。そもそも金が足りないなら王都側が他の素材で通貨を発行すればいいだけだし、それこそ紙幣にでもしてしまえば受け渡しも楽だ。マジックバッグで持ち運ぶ重量には困らないといえ、店員とのやり取りは割と面倒である。

 だが迷宮都市がわざわざ魔石を加工して独自通貨を作ることになったのは、神のダンジョンによる影響力の大きさと貴族の特権が関わっている。

 以前ならば迷宮都市側がドロップ品の写真機を献上するような立場だった王都。だが王族の魔法が失墜しスタンピードすら退けられないことと、少なくない貴族が迷宮都市に移住したことでその力関係は逆転していた。

 なので王都からしても迷宮都市に独自通貨を作られて良いことはないが、それを窘められるほどの立場にはない。

 それに魔石の加工技術については魔法を扱う貴族が扱うことがほとんどのため、通貨の発行権限を持つバーベンベルク家の影響力はかなり増すだろう。だからこそ銀や銅などではなく魔石を通貨として扱いたいという思惑がある。


「その中でもこれが、ツトムに関係するところだな。発行は差し止めになったようだが」
「……あぁー。なるほど。道理で必死にもなるわけだ」


 そう言ってガルムが持ち出したのは、カミーユから渡された魔貨のサンプルだった。様々な価値を持つ魔貨の中でも大商人の商談ぐらいでしか扱われないような価値を持つそれには、努も見覚えのある刻印がこと細かに施され薄く光っていた。

 アルドレット工房が刻める40レベルの刻印は、特別な魔貨にのみあしらわれる予定だった。そんな魔貨の発行を手助けする役目をアルドレット工房は担おうとしていた。


「素人の僕にこんな職人技みたいな細かいあしらいなんて出来るはずないのに」
「だが刻印士の数が広まればそれも時間の問題だ」
「でもこの魔石自体も相当珍しいやつだし、こういう形に加工できるのも貴族お抱えの魔石職人くらいでしょ」
「それこそ少し圧力をかければすぐ撤退するとでも思っていたのだろうな。結果としては逆効果だったようだが」
「初めから素直に話してくれれば譲歩したかもしれないのにね。僕は通貨とか興味ないし」
「自分が価値を感じているものは、他人もそうに違いないと考える者が大半だろう。それも金の発行権だ。無理もない」


 確かに迷宮都市が独自通貨を持っていることに価値があることを努も何となくはわかるものの、完全に理解しているわけではないのでいまいちピンと来てはいなかった。ロイドの目的がそれに近いと言われれば納得はするが、個人としては一番台の方が価値は大きい。


「探索者からすれば単に換金手段が変わるだけですからね。魔石を魔石に替えるというのは少々不思議ですが、むしろGより価値は上がるようですし損しないならどうでもいいです」
「帝都も王都と通貨違うしねー。金ではあるけど」
「そんなことより二番台です。早く突破するなり死ぬなりしてほしいです。心臓に悪い」
「これをそんなことと言うのだけは違うだろ多分……」


 努とて通貨に関しての知識は疎いとはいえ、少なくとも王都や帝都など外との関わり方が如実に変わることくらいはわかる。それに王都である程度教育を受けているリーレイアなら少しはわかりそうなものだが、彼女は気が気でない様子で二番台を見つめるばかりだった。

 コメント
  • 匿名 より: 2022/12/04(日) 2:24 AM

    面白い着眼点ですね。今後の展開はあるのか、それともただの過去の一件として留まるかが気になります。
    一般的な意見を言えば、通貨発行に関する事を民間企業に委託したら終わりですw全ての意味でその国は独裁国家以下になりますw

コメントを書く