43

「ツトムさん、どうしちゃったんですかね……?」


 厄介極まりないシルクハットを潰してからは難なくスポッシャーを撃破した三人だったが、それと同時に干上がってしまった油田を見ていた努はがっくりとしていた。そしてスポッシャーからドロップした白いシルクハットを喜んでいた二人に預けた彼は、何故かオイルアトラクションの最難関である大壁を一人スキルも使わず登り始めた。

 そんな努から先に帰っていいと言われてギルドに戻っていたクロアは、彼の不可思議な行動を理解できず垂れ耳を蝶々のように動かしていた。


「師匠は時々よくわからないっすから、あんまり気にしない方が楽っすよー。どうっすか?」
「……あんまり深く被らない方がいいかもしれませんね」
「んー? こんなもんっすか?」


 戦利品の白いシルクハットを自身の頭にすっぽりとはめて眉毛まで埋まっていたハンナは、クロアからのアドバイスを受けて被り方を試行錯誤していた。そして結局クロアに調整してもらった彼女はキメ顔でギルドを練り歩いた。

 そんなハンナの行動に初めはピンと来ていないものがほとんどだったが、探索者たちは以前同じようにアルマがドヤ顔で白いシルクハットを被っていたことを思い出した。


「え? スポッシャー倒したの?」
「ふっふっふっ」
「……まぁ、ハンナは古参だしな。最悪失敗しても、問題はなかったと思うが……。ツトムはどうした?」
「なんか、壁登ってたっす」
「なんで?」
「さぁー」


 丁度これから探索に向かう予定だった古参探索者からの困惑に、ハンナもまた不思議そうに首を傾げるしかなかった。それからその隣にいたクロアも視線を投げかけられたものの、今回ばかりは愛嬌のある笑みを浮かべながら彼女と同様の反応をするしかなかった。


(壁を登ってるのもわけわからないけど、百階層までヒーラー一筋だった白魔導士でアタッカーがあそこまで出来るのも意味が分からない。三年故郷に帰ってたっていうの、間違いなく嘘。帝都のダンジョンでも攻略してた? でもそれなら多少の噂は広がるはず。なら外のダンジョン?)


 今回のスポッシャー戦は正直、努が類まれな指揮力を発揮してハンナと自分が予想以上の実力を発揮して死力を尽くさなければ攻略はできないと思っていた。だが結果として一番死力を尽くしたのは努だった。そこまで努のことばかり見る余裕もなかったが、それでも彼が活躍していたことは現場での肌感でわかる。

 確かに遠距離攻撃系のアタッカーがスポッシャーの触手二本を受け持つのは、そこまで難しいことではない。だがそれはあくまで百階層を越えられるようなアタッカーが、百十階層に何度も挑んで慣れた後に限った話だ。

 百階層以降の白魔導士は進化ジョブによってアタッカーも出来るようになったものの、それで突然優秀な攻撃役になれるわけではない。それにスポッシャーのシルクハットを用いた転移触手を相手取るのは相当な実力と共に慣れがいる。

 それを努は初見で安定して押さえるどころか、支援回復まで見事にこなしていた。そして最後には完全にアタッカーへと集中して三本相手取ることまでしていた。そこまで出来ると思えるような白魔導士は、百四十階層まで辿り着いているクロアの知る限りではいない。最前線の白魔導士なら或いは、といったところだろう。


(なんで刻印なんてしてるんだろ、あの人)


 スポッシャーの触手を捌けるぐらいアタッカーとして才能の片鱗を見せ、更に白魔導士の見慣れたスキルを使用していないことからして伸びしろすらある。これからちゃんと時間をかけてスキルや近接戦を訓練すれば、白魔導士の中でも生粋のアタッカーになれる可能性は十分にあるだろう。

 だが努は暇を見つけては刻印ばかりしている。そんなことは生産職にでも任せて探索者としての活動に集中すれば、今頃はもっと周囲からも応援されて正当な評価を受けているだろう。それこそ臨時PTの募集にだって良い人材が集まったはずだ。それなのに何故、生産職の真似事なんかに時間を割くようになってしまったのか。


(……いや、ツトムさんの心配してる場合じゃないぞ、クロア。こんな調子じゃ、戦力外通告されてもおかしくない。少なくとも百三十階層までには結果を出さないと)


 クロアは努から事前の作戦にない突発的な指示を守って絶好の機会を逃しはしなかったものの、あそこまでお膳立てされて失敗するようなアタッカーなら引退を考えてもいいぐらいだろう。あれを結果と呼ぶにはアタッカーとしてあまりにも稚拙だ。

 それからクロアは思ったよりも注目はされずに人知れず落ち込んでいたハンナを回収した後、これからの立ち振る舞いについて考えを巡らせ続けた。


 ――▽▽――


(うわー、この人も忖度するようになっちゃったか。残念)


 百十階層のボルダリングを筆頭としたアトラクションの攻略と持ち込んでいた刻印を消化して結局半日以上過ごしていた努は、大欠伸をしながら朝刊を買って早朝にクランハウスへと帰宅していた。そしてその記事内容を見てげんなりとしていた。

 昨日のスポッシャー戦については、やはりハンナが主軸として評されていた。それに関して努は文句の一つもない。魔流の拳を扱えるようになった彼女の実力は凄まじく、他の避けタンクとは既に一線を画している。

 そんなハンナは実際スポッシャーの触手を五本担当し、現場での対応力も以前より高かった。今の三大アタッカーにも負けず劣らないのではないかとも評されている彼女が今回のMVPであることは間違いようがなく、絶賛する声も多い。


(僕も重要な前半は結構頑張ってただろ。なのに何でハンナとクロアに介護されたことになってるんだか。場面の切り抜きに悪意ありすぎだろ)


 既にソリット社だけのものではなくなっていた新聞写真では、クロアとハンナがスポッシャー本体と戦っている間に努がせっせと刻印している姿が鮮明に映し出されていた。写真はそれだけで前半の触手を捌いていた場面などは一文で軽く触れられているだけ、なんて記事もあった。


(まぁ、まとも意見を言う人がいるだけ感謝しないとな)


 そんなゴリゴリの偏向報道の中で生産職に配慮はしつつも出来るだけ客観的に今回の階層主戦を評価している迷宮マニアも何人かはいたので、努はその者たちの名前は控えておいた。そしてハンナクロア絶賛の記事を流し読みしていた彼は、玄関の開く音と共に新聞を机の上に戻した。


「……おはようございます」
「おはよう」


 朝の訓練を終えた様子のリーレイアは、一瞬お化けでも見たかのような顔をしたもののすぐ真顔に戻って挨拶してきた。努も挨拶を返すと彼女の首に乗っかっていたサラマンダーがぬるりと地面に降りる。


「いつ帰ってきたのですか?」
「ついさっきだね」
「それはご苦労様ですね」


 一切気持ちが籠もっていなさそうな声でそう言ったリーレイアは、努の前にあった新聞を汚物でも摘み取るかのように手に取った。そして汗で濡れて束になっていた緑髪を払いながら一通り目を通すと露骨に鼻で笑った。


「槌士でスポッシャーの触手をこれほど捌けるとは、随分と有望なお仲間のようで何よりです。それに貴方の実力もこれで知れたようですね。何より、何より」
「アルドレットクロウの目も随分と曇ったもんだね。まさかあのハンナと肩を並べて僕をダンジョンで介護してくれるような有望株を見逃すなんて」
「えぇ、そうですね。今度是非とも紹介して下さい。いずれは無限の輪に入るかもしれませんからね。……それに垂れ耳の犬人なんてあまり見かけませんし、丁度代わりが見つかったようで何よりです」
(垂れ耳に親でも殺されたのかな?)


 素敵な笑顔で当て擦り気味に申してくるリーレイアに努も笑みだけを返した。そして相変わらずしゃかしゃかと足音が騒がしいサラマンダーを抱き上げて指先を温めているうちに、彼女は訓練での汗を流しに浴室へと去っていった。


「結局夜まで潜っていたのか? 夕方に九十七番台に映っているのは見ていたが」
「死なずにじっくりアトラクションを練習できる絶好の機会だったからね。まぁ、油があると更に難しいんだろうけど、ある程度要領は掴めたよ」
「むっ? また百十階層に潜るつもりなのか?」
「あそこなら刻印油使い放題みたいだしね。それに触手に捕まれば死なずに戻れるみたいだし」


 その後に朝の訓練を終えたガルムやコリナもクランハウスに帰ってきたので、努は朝帰りになったことの説明を軽く済ませた。それから各自身支度を済ませながら朝食に入った。


「写真が悪いっすねー。師匠はもっと頑張ってたっすよ?」
「そうなのか」
「ツトム君、妻から聞いたよ。素晴らしい活躍ぶりだったそうじゃないか」
「現状で出来る限りのことはしたつもりだよ。それにそう言ってくれる人はピコさん以外にもいたし、案外迷宮マニアも捨てたもんじゃないね。一部変なのが増えただけで」
「おかわりをいただけますか」
「あっ、私もお願いします。あとこれと、これも」


 席についているハンナ、ガルム、ゼノ、努、リーレイア、コリナ一同は朝食を食べながらそれからも各々雑談していた。

 コメント
  • 匿名 より: 2020/09/30(水) 5:21 PM

    これを真似して戦闘中に戦闘を疎かにして刻印する奴が増えてトラブルになる未来が見える

  • 匿名 より: 2020/09/30(水) 5:47 PM

    >戦ってる二人をCPUだとでも思ってるのか知らんが、戦闘中に生産し始めるのは例え支援回復が万全であろうとはっきり言ってナイ。

    ごめんなさい。今日ゲーム中のダンジョン攻略中に時間が勿体ないから装備強化してました。
    ちゃんと担当場所と役割はこなして問題なくクリア出来たので良いと思ってました

  • 匿名 より: 2020/09/30(水) 6:06 PM

    おもしろいよー。完全な自己満足な意見なんだけど、頻度上げて欲しいーおもしろいー

  • 匿名 より: 2020/09/30(水) 6:11 PM

    懲りたら物語の根幹崩れるだろ。

  • 匿名 より: 2020/09/30(水) 6:19 PM

    何回読んでもおもしろいー
    完全な自己満足ですけど、更新頻度上げて欲しい!
    それくらいに面白いです

  • 匿名 より: 2020/09/30(水) 7:25 PM

    全然ありえるで。
    支援が行き渡ってる状態でヒーラーがすることとして、敵を探して誘き寄せることとかもするし。
    やることない状況っていうのは支援職は結構あるよ。

  • 匿名 より: 2020/10/01(木) 12:41 AM

    ↑この戦闘中に生産なんかしている描写ははっきり言ってナイ。

  • 匿名 より: 2020/10/01(木) 1:06 AM

    いつも楽しく読ませてもらってます。
    コミック1-4巻Kindleセールやってますね!
    これを機に全巻買いました!

  • 匿名 より: 2020/10/01(木) 7:34 AM

    触手の分担分けの指示はしていたし、ワープ移動に対しても声をかけていた。クロアやハンナが安定した立ち回りをしていなかったのなら刻印せずにそっちのフォローに回っていたと思うんだが…大丈夫なの分かってて、戦闘と支援で+αで刻印出来ると思ったからやったんだろ?野良のPTじゃないんだし、俺はツトムの刻印に悪感情は抱かんね

  • 匿名 より: 2020/10/01(木) 9:15 AM

    戦闘中の生産活動は敵を引きつけてるタンクには絶対にできないから、皆が真似し始めたら不公平感でパーティ内ギスギスしそうだね。ハンナとガルムはあんな感じだから気にしないだろうけど

コメントを書く