78

 


 135階層はそもそも野良でPTをマッチングさせるためか、初めの段階は普段の階層主戦と仕様が異なる。基本的に人数が揃っていればアタッカー二人、タンク二人、ヒーラーが一人のPTに割り振られるが、その選出時間の間は待つことになる。

 既に135階層をクリア、もしくは再挑戦する者たちは直接マッチングする特定の場所に飛ばされる。それ以外にも134階層から138階層までは、探索途中で135階層に挑戦するための白門が現れることが多い。それはマッチングの待ち時間を探索者に感じさせないための工夫だろう。


(やっぱり人数が多い分早いな。最近まで過疎ってたらしいけど)


 そしてかくいう努の前にも134階層に転移してから数秒もしない内に白い門は現れた。それを眺めた彼はその場で腕章を外し服装も一新するように着替えた後、少し時間を置いてから帰還の黒門に入りギルドへと向かった。


(流石に人を増やし過ぎたか、神台が見にくい。……とはいえこれくらい大規模にしなきゃあっちも乗せられなかっただろうしな)


 まだ腕章を付けた者たちがそこそこ残ってはいるものの、主要メンバー含め大半は努の号令と共に続々と孤高階層に潜っていた。それにアルドレット工房の主力が合わせないはずがない。ギルドが作り上げたお祭り気分にも押され、ツトムと当たる運否天賦に身を任せた。

 その証拠に上位の神台にはオルファンのリーダーであるリキや、赤の腕章を付けたアルドレット工房と近しい関係の探索者たちが映っていた。まだ少し混み合っている受付に並びながらそれを見ていた努は一安心するように息をつく。


(実際、オルファン四人に神スナイプされるなんて未来はあっただろうしな。天に任せてもろくなことがない)


 確率でいえば1%もないであろうリスク。これが正当な場の賭け事でもあれば間違いなく突っ張るだろうが、神運営の管理するダンジョンではその確率すらも怪しい。十中八九イカサマを仕掛けてきて、不利なPTを組まされるに違いない。

 だからこそ努は自分をマークしているであろう人物たちが神台に映っているのをこの目で確認し、その人物たちが絶対にいない時間帯を狙って135階層に挑むことを決意していた。

 アルドレット工房に近しいかつ自分に悪意を持つ者とさえ当たらなければ、少なくとも壮絶な戦いになんてならない。特にアルドレット工房側についた者は純粋な金目当てだ。それならこちら側が倍でも出せばすぐに手の平を返すだろう。


(流石にこの数じゃオルファン全員までは確認できないけど、主力は神台に出揃った。最悪他のメンバーと当たったとしてもレベル差がないし対処はできる)


 オルファンの主力であるリーダーのリキ、副リーダーのミーサ。それに街道で突っかかり戦闘を起こそうとしてきたルイス、ラミも神台で確認している。その当人たちは以前に散々コケにされたハンナとPTを組まされているようで、既に戦闘を起こしているようだ。

 それを少し見物してみたい気持ちもあったが、そこまで余裕綽々な状態でもない。特に目ぼしい者たちとPTを組めていなかったリキはジャガーノート・ミニに殺されることによる自殺を試みていたので、努はすぐに134階層へと潜った。

 そして再び数秒もしない内に現れた白門を躊躇なく開け、リキたちが蘇生時間の三分を待機している内に135階層へと転移した。


 ――▽▽――


「おー、まさか本当にあの数の中から当たるとは思わなかった。俺もようやく運が向いてきたのかな?」


 135階層の舞台である闘技場の中心に転移した途端に声をかけられた努は、若干聞き覚えがあったその声の方に振り向く。


「逆に君は運が向いてないみたいだね。赤い腕章三人、それに一人はオルファンの子っぽくない?」
「……そうですね。ロイドさんは付けてないようですけど?」


 稲荷像のように金色の目を細めて努を見つめていたのは、現アルドレットクロウのリーダーであるロイド本人だった。そして努と同様に腕章をつけていなかった彼は腕を掲げる。


「お揃いだねぇ。ということは二対三ということになるのかな?」


 ロイドが視線を投げかける先にはお祭の褒賞金目当てで参加したであろう、装備からしてそこまで冴えてはいなさそうな中年の男女。そしてその中に一人、努としては想定外の人物であるモイという孤児の少女が居座っていた。

 彼女は以前に道端で絡んできたオルファンの手の内の一人だ。だが基本的にはルイスに付いている下っ端のような存在であるため、彼と一緒に行動しているはずのモイがこのタイミングに潜ることはないはずだ。


「……てっきり一対四にでもなるのかと思ってましたけどね」


 ただ今はそれよりも、あのロイドが当然のように味方面をしているのが気掛かりでしかなかった。確かに彼はどちらの話題にも触れずに中立を維持していたようには見えたが、以前起こした行動からして自分を潰す理由はある。裏からアルドレット工房を操っていると言われても納得だし、何よりその表情がルークよりも胡散臭い。


「君を潰そうとしているのはアルドレット工房であって、アルドレットクロウではないからね。それを証明するために赤い腕章組の三割は確保していたのだけど……結果は伴わなかったみたいだ」
「……ステファニーに口でも出されましたか?」
「そうそう。彼女も全てを把握しているわけではないけれど、迷宮都市を出る際に少し釘を刺されてしまったからねぇ。刻印装備で荒稼ぎして莫大な利益を出してくれるアルドレット工房と、一番台の女王に君臨し続けるPTリーダーとの板挟みさ」


 そう言っておどけるように肩を落としたロイドは、途端に真面目な顔で申し訳なさげに頭を下げた。


「今更になって味方面するのも申し訳ないけれど、アルドレットクロウのリーダーとしては君の方に付く方が総合的に得だと判断した。その責務でここに来たのが半分で……あとは俺の個人的なツトム君への興味だね」
「…………」
「ほら君、巷では神の子なんて言われてるじゃないか?」
「……そうなんですか?」


 胡散臭い建前の途中で突拍子もないことを言われた努は神妙な顔でそう尋ねると、彼はにんまりと笑った。


「君の活躍ぶりは古参の探索者なら誰もが知ってるだろうけど、それも神の子だったら当然だよね。それに出自も未だにわからないままで、神のダンジョンで死んだところを誰にも見られていない。実は神のダンジョンで死んだらツトムは生き返れないからあんなに必死、なんて話も聞くよ」
「はぁ」
「……うん。所詮噂は噂だったかな?」


 何言ってるんだこいつ、という言葉が顔に出ている努を前に、ロイドは少し意外そうに仏のような細目を開く。


「まぁさ、神は違えど同じ百階層初の攻略者っていう共通点もあるし、これから仲良くはできないかな?」
(……そういえば迷宮都市と帝都のダンジョンって神運営そのものが違うのかな。レベルとかのシステムが共通してる時点で割と同一か、同じチームみたいな気もするけど)


 そう言って握手を求めるように色白な手を差し出してきたロイドに、努は内心そんなことを考えつつ微妙な顔で応じる。


「それなら先にアルドレット工房を何とかしてほしいですけどね」
「手に入れた利権を守るのは当然の権利さ。もうこの先何も成せる自信のない年長者ほど、死ぬ気でしがみついてくる。君みたいに死ぬ気で取り返す覚悟がない限りは無理だよ」
「……では個人的な停戦協定、というところでどうでしょうか。僕もルークを追い出せるような人を敵に回したくはないですし」
「別に追い出したつもりはないんだけどねぇ。彼はもうリーダーとして限界みたいだったから、俺が優しく肩を叩いてあげただけさ。だからこそ今は探索者として生き生きしてるだろう?」
「陰では死にそうな顔してましたけどね」
「ルークも君にはそういう顔を見せるんだねぇ」
「おっさんが落ち目の時にたまたま居合わせただけですよ。別に前から仲が良いわけではないですし」
「ハーフエルフにおっさんは止めてあげな? ……それじゃ、そういうことでよろしく頼むよ」


 軽く突っ込みながら最後にロイドは応援でもするように手に力を込めてから離した後、ジャガノミニが入場してくる門を開けていいものか様子見している探索者二人の方に向かう。


「積もる話があったものですから、お待たせしてしまってすみません」
「えっ、あっ、いえいえ。貴方は、ロイドさんですよね? アルドレットクロウのリーダーの」
「そうですよ。なったのは最近ですけどねー」


 そうして三人も話に花を咲かせ始めたので、努は未だに立ち尽くしていたモイの方に振り向く。


「あの」
「…………」


 モイの様子を見るにこれが想定外であることが誰にでもわかるような表情をしているため、努は道端で明らかに気分が悪そうな人にでも話しかけるように声をかける。すると彼女は挙動不審に目をきょろきょろと動かし、神の眼を見つけて怖がるように身震いした。


「神の眼はあっちに遠ざけたので会話は聞かれてませんよ。その、大丈夫ですか?」
「……なんで、ここにいるんですか」
「それはこっちが聞きたいんですけど。君はルイスと一緒に潜ったんじゃ?」


 あの時ルイスの八つ当たりで頬を引っ叩かれていた様子を見るに、一緒にというよりもはや強制に近いだろう。それなのに何故今日に限ってズレていたのかと尋ねると、彼女は魂が抜けたような目で澄み切った青空を眺めた。


「ハンナを犯すだ、ツトムを殺すだ、もううんざりなんです。だから何とか言い訳して時間をずらせたのに、当たっちゃいました。どちらにせよもう終わりです」
「……どちらにせよ?」
「負けて帰れば戦犯として袋叩きですよ。かといって勝てる気もしない。どうなっちゃうんだろうなぁ、わたし。帰りたくないなぁ」
「…………」


 先ほどのロイドとはまた違う空虚な笑みを浮かべるモイに、努は言葉に詰まった。説得できるのならそれに越したことはないが、彼女の様子を見るに厳しいだろう。口にしてもどうしようもない言葉。だが万が一の可能性も考慮して努は口にする。


「僕が135階層を突破した後にこちらで身柄を保護する、って言ったら信じてくれる?」
「ははは。そんな遠回りなことをするなら、そもそも135階層突破しないで下さいよ。今回だけでいいんです。そしたら私は英雄扱いされて助かりますよ」
「…………」
「無理、ですよね。わかってます。だって貴方って、まだ神のダンジョンで一度も死んでないんですよね? そんな偉業を崩してまで、私を救ってくれますか? それなら私を保護するなんて綺麗ごとも信じられます」
「…………」


 努の本心としてはそんな偉業などどうでもよく、単純に死にたくないだけだ。だが一般的な探索者からすれば下らないともいえるそれを口にしてもモイの気持ちを逆撫でするだけなので、沈黙を返すしかなかった。

 すると彼女は何度もついたであろうため息と共に腰のホルダーから双剣を引き抜いた。


「大人の人ってみんなそうですよね。口では綺麗ごと言うけど、自分が損するってわかると平気で見捨ててく。口だけは達者な偽善者ばかりです。なら初めからそんな嘘つかないでって、何度も思いました」
「確かにそうだね。中途半端に口を出したことは謝るよ。ごめんね」
「…………」


 まるで罪でも認めたかのような努の態度。それが癪にでも障ったのか、モイは弱気そうだった目をかっ開いて突っ込んできた。


「君が悪いとは思わないけど、僕が悪いとも思えない」
「っ!」
「それに偽善者じゃなかったダリルを裏切ってリキに付いてる癖して、今更被害者ぶるなよ。犯罪者が」


 その双剣をスキルも使わずに刻印の施された強靭な杖で弾き返した努は、落ち着き払うように深く息を吐いた。

 コメント
  • 匿名 より: 2021/08/28(土) 2:50 PM

    ユニスかわいいよね。
    マウントとったつもりで話しかけて一瞬で勝手に自爆してぐぬぬしつつ話をなかったことにしようとするユニスさん怒ってもかわいいずるい。

  • 匿名 より: 2021/09/09(木) 3:24 PM

    モイもユニスの同類だったか
    今まで二度も敵対して見逃されているのに、更に自分を最優先しないと信じないとか頭ハッピーセットにも程がある
    しかも思い通りにならないと大人がどうとか言い出す他責思考
    やってることは同レベルだからモイはユニスヘイトの生贄かな?

  • 匿名 より: 2021/09/09(木) 3:25 PM

    神に対するツトムの謎の信頼感wwwww

  • 匿名 より: 2021/09/19(日) 7:36 PM

    〉大人の人ってみんなそうですよね

    このセリフでモイちゃんの外見が、広告のゾンビ漫画のあの子に決まった

  • 匿名 より: 2021/09/25(土) 4:39 PM

    悪いのは当人だからなあ。
    努は仲間に一応できるだけ義理果たしてたし、悪いところが無いとは言えないだろけど、
    モイに別にわるいことしてないよな

コメントを書く